2015年04月04日

晴れた!

今、いつもの場所(花見の(ノ´∀`*))に行く途中♪


久々の大阪駅〜(*≧∀≦*)
20150404113820254.jpg











どうかこのまま夕方まで青空を見せて欲しい(  ̄▽ ̄)
posted by のり〜ん at 11:40| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

嬉し過ぎ、はしゃぎ過ぎ(;´∀`)

今年はムリだと思ってました( *´艸`)
P1050824 (2).JPG


続きを読む
posted by のり〜ん at 16:30| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二日酔いをおしてコンサートへ!


オットがお休みの日曜日。
知り合いからコンサートのチケットを頂いたので
(二日酔いの身体をおして)行ってきました。


演者はこの方たち↓
mt_oshio_A401_1.png
有名ギタリストである押尾コータローさんと、
ベトナムの人気歌手ミー・タムさん!








なんでも日本とベトナムの友好20周年を祝う
コンサートだとか。





友好コンサートだけに、会場もYOUたちでいっぱい!
おもわず「YOUは何しに日本へ」のスタッフを探しました^m^

ベトナムは五輪真弓さんの歌がすんごく流行ってるんですよね〜?
前にテレビで見て知ってた
予想通り、五輪真弓さんの楽曲も歌ってくれたのでアウェイな感じはしなかったです。
何より、歌のうまいこと!!
二日酔いだったし絶対寝てしまうやろなぁ(;´∀`)と思っていたけれど、最後まで(三時間ですわよ?)
本格的に鑑賞させていただきました。
最後に歌ったウジ?(I WISHって意味)がすんごく人気あるみたいで
ベトナムの方が本当に嬉しそうだった。
私もとってもいい歌と思いましたよ〜(ちょっと口ずさんだ^^)

押尾コータローさんのステージは、今回初めてだったのですが、
プロっちゅうのはほんまにすごいね。

1音爪弾いただけで、世界がガラっと変わるの。本当に景色が目に浮かんだからね〜
オットも前のめりで聴いてた(≧▽≦)

トークも期待通り面白かったし・・・
というか、今回はミー・タムさんが気を遣って英語で話してくれてるんだけど、
それすら押尾さんが理解できなくて、
英語の話せる伝説のベーシスト清水興さんが通訳もしてくれてたのが非常に面白かった^m^
あの方が居ないとたぶんコンサートは締まらなかったな(≧▽≦)

押尾コータローさんが人気あるのが、今回よくわかりました♪




posted by のり〜ん at 23:10| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・食・散歩・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私がコンサート会場にいてる時に

久しぶりにHoney sideが新着のお知らせを送ってきた!
うんうん、久しぶり過ぎる!

1428308794070.jpg雑誌でたのね?中国ですか?
タバコがテーマで手にタバコか(≧▽≦)

てか、眉毛左右対称だな!!
整ってる!
整い過ぎてる!

ホニ相変わらず細いわ〜。
綺麗だわ〜














posted by のり〜ん at 23:22| ホノルル ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スンホン君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キリン一番搾り「小麦のうまみ」

まろやかな美味しさ!
これはこれで美味しいです(≧▽≦)好き〜
P1050844
posted by のり〜ん at 23:52| ホノルル ☁| Comment(0) | アルコール飲んでます(≧▽≦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

思いがけずこの日も花見?

先日行ったお茶屋のカフェが良かったので
バイト先の友達を誘って行った帰り〜(*´ω`*)

雨が降らなかったら最後の花見をしようとプラプラ歩くも
残念ながら雨が降って来たので

DSC_01742.jpg雨宿りにたまたま見つけた可愛げなカフェに入る。









DSC_01722.jpgなになに?カフェumamiさんですか?












中に入るとまだ木の匂いがする。
聞いてみると、この3月29日にオープンしたばかりだとか!

DSC_01672.jpgDSC_01632.jpgおお〜♪










店内撮影も気持ちよくオーケーしてくれたので
嬉しがって撮りまくるワタシ。
(でもスマホしかもってないから画像はイマイチ^^;)

DSC_01642.jpg
手作りパンとコーヒーがウリのようだったので










DSC_01682.jpg温野菜セットと










DSC_01702.jpgモーニングセットを頼む。
てか!つぼ市で茶がゆセット食べた後やけど^m^

このパンが!
もっちりフワフワで本当に美味しかった!
(買って帰った→販売もしてる)





DSC_01712.jpgこのジャムがまた美味しくて!
販売してたら間違いなく買ってたな。








オープンしたてのカフェumamiさん、ぜひ頑張ってもらいたいもんです^^



雨が止んできたので、ふたたび花見にトライ。
DSC_01772.jpgうん!なんとかいけそう(≧▽≦)




















DSC_0175 2.JPG

坂口憲二シートも持ってきてるよ〜♪










P1050886.JPGふふふ^m^








DSC_01782.jpg今年最後のお花見は、のんびりと過ごせました(*´ω`*)











































posted by のり〜ん at 19:21| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・食・散歩・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

図書借り本 異種とりあわせ(≧▽≦)

長いよ?

ババーンと一気に感想いきまーす


ど・スピリチュアル日本旅 -
ど・スピリチュアル日本旅 -

こちらは「ガンジス河でバラフライ」を執筆したたかのてるこさんの日本旅。
あ、ど・スピリチュアルなね^m^

自信をもって言えるのは、たかのてるこさん自身が
一番のパワースポットだということかな^^
あかわらずテンポの良い語り口で楽しく興味深く読めました!


虹の岬の喫茶店 -
虹の岬の喫茶店 -

こちらは吉永小百合さん主演で映画になった「ふしぎな岬の物語」の原作らしいです。
「ちょっと映画とは内容が違うけど」と、聞いてましたが
キッチリ小百合サマを被せて小説を読んでしまいましたわ^^;
でもそれも心地いい。
読んでいてほっこりする物語。
なんと三浦半島にモデルになった喫茶店があるんですね( *´艸`)
映画効果で混雑すると常連さんが気の毒だけど、繁盛していると思うとなぜかホッとする。
はい、小説のなかでは僻地すぎて商売になってなかったから〜(≧▽≦)
実際は十分繁盛してたかもしれないのにね;;混同してる!



ここからはいきなり濃くなる(≧▽≦)


人斬り半次郎 幕末編 (新潮文庫) - 人斬り半次郎 賊将編 (新潮文庫) -
人斬り半次郎 幕末編 (新潮文庫) -
人斬り半次郎 賊将編 (新潮文庫) -

龍馬も読んだ。新選組壬生義士伝だけど)も読んだ。
ちょいとここらで幕末の重要な役割を担った薩長も読んどく?
ということで、母の故郷である鹿児島(薩摩)題材の小説を読んでみました。

「人斬り半次郎」という題名、しかも書いたのは「鬼平犯科帳」で有名な
人気作家ということで中村半次郎(桐野利秋)さんのイメージが
固定されてしまった感あり。

「龍馬が行く」を読んだ時も勘違いしないように肝に銘じてたんだけど、
実在の人物を扱った小説はこれが事実だとついつい思い込みがち。
魅力ある小説はなおさら。
「これは実在の人物の逸話を織り交ぜたフィクションなんだ!」と、
常に自分に言い聞かせて読みました。

お話としては非常に面白い。
賊将編の方は「うん?」ってとこもあったけど、全体的にスルスルと読めました。


桐野利秋日記 -
桐野利秋日記 -

ということで、
小説を読んだあとは史実に近いものを読みたくなるのが私のクセ。
こちらは中村半次郎こと桐野利秋さんの日記を現代風に読みやすく
してくれている本でございます。
物語ではないので、何度が読みながらウトウトしてしまったけど(;´∀`)
「人斬り」ではないことだけは確かだということがわかったので興味深かった。

てか、あれほど人望があった西郷さんが、思慮もあった桐野利秋さんが
なぜ西南戦争を引き起こさなければならなかったのか?
それだけが疑問だったので・・・

史伝 西郷隆盛 (文春文庫) -

西郷さんの本も借りてみた。
作者は鹿児島出身の作家である海音寺潮五郎さん。
この方は鹿児島県大口市の出身なんだけど(うちの母と一緒^m^)
この場所は西南戦争の激戦区だったため、彼が子供のころにはまだ
従軍した古老たちが生きていたそうで。
古老達から子守歌のように西郷さんや西南戦争の話を聞いていた影響で
西郷さんの伝記を執筆するようになったのだとか・・・

ということでかなり深いとこまで知ることができるかも!と借りたけれど
この本は残念ながら安政の大獄で逃げることろまでしか書かれておりませんでした^^;
大長編「西郷隆盛」は残念ながら作者急逝のため、未完の大作でございます。

でも幕末の背景・時勢の流れなどは非常によくわかったわ!
それがわからないと西郷さんを理解できないということで、その説明に相当のページ数を
使っている故・・・何度もウトウトしたけどこれは必要よ〜

根性があったら大長編「西郷隆盛」、読んでみようと思います('◇')ゞ

新選組始末記―新選組三部作 (中公文庫) -
新選組始末記―新選組三部作 (中公文庫) -

これは「壬生義士伝」を読んだ時に、知った本。

作者の子母沢寛さんというのは実際に多くの新撰組関係者に取材をした方らしい。
でも物語なので書いてることはフィクションの部分も多いらしいんだけど、
実際に取材したことは事実なんで非常に興味深く思い購入しました。

読むのに時間かかったけど、
薩摩藩士である桐野利秋の日記と照らし合わせながら読むと

より興味がわきましたわよ〜。


これで終了〜♪

長々とお付き合いありがとうございましたm(__)m
posted by のり〜ん at 23:02| ホノルル ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 本を読んでみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

今シーズン最後の桜と「馳走のかぜ」


4月の「のかぜ」は桜終わりの時期。

でもでもでも!

近くの平野神社は知る人ぞ知る桜の名所で
4月いっぱいまで楽しむことが出来る!と聞いたので
のかぜランチ前に訪ねてみました(≧▽≦)
P1050904.jpg




















続きを読む
posted by のり〜ん at 16:27| ホノルル ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅・食・散歩・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TPOに合わせてる!


堺市に出来た「利晶の杜」
DSC_0182
堺の有名人、千利休と与謝野晶子に
かけて利晶の杜^m^

2人の博物館(?)横に出来たスタバはなんと







DSC_0181縁側がありました。


利休に合わせた?



やるな。スタバ(≧▽≦)
posted by のり〜ん at 16:59| ホノルル ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする