2007年11月03日

ありがとうございます

みなさん、こんにちは^^

パソコン入院以来2回目のネットカフェよりお送りしております。
なんと部屋番号は前回と同じく19番room♪(縁があるのね。)

「ALWAYS〜」ファンの私は公開日の今日、これから
うれしがって「続 ALWAYS 三丁目の夕日」を見に行くのですが、
(レイトショーね♪)
その前に、最近見終わったドラマのレビューなどしようかと、
週末の夕方、のこのこやってきました♪

見終わったのは、前回日記でも書いた「ありがとうございます」

再度登場♪2年間兵役についていたチャン・ヒョク氏
復帰作でございます。





まぁまぁ・・・なんでしょうねぇ・・・(婆さん風)
評判のとおりなかなか良いドラマでした^^
この丸顔(横長だ円かもね)の女の子と
認知症役のおじいさんにまんまとヤラれました。

ストーリーも、
韓国の世間とそこに住む人たちの心情と島という閉鎖的な風土を上手に折りこみ、
「ありがとうございます」の言葉の素敵さを上手に表現してたと思います。


「ありがとうございます」
「コマッスムニダ」

日本語も韓国語も、どちらもとてもきれいな響きの言葉だと思いました。


さてさて、以下は超ネタばれトークをお送りします。
(いつもは書かないんだけど、今回は書きたい)

見る予定で、まだ見ていない人は絶対クリックしたらダメよ〜ん♪

続きを読む
posted by のり〜ん at 17:54| ソウル | Comment(8) | TV・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

観てきたわっ!!

みなさん、こんにちは^^
まだパソコンがカムバックしておらず in ネットカフェ している
のり〜んです。(ルー風・・・^▽^)
前回は5日で帰ってきてくれたのに、今回はまったくの音沙汰なし。(涙)
もしやお店のお兄さんの予言(?)どおり、3週間は
戻ってこないつもりかしらん?困るわ〜〜〜

というわけで(どういうわけなんだ?)

観てきました♪

ALWAYS 続・三丁目の夕日

続・ALWAYS 三丁目の夕日じゃなかったのね^^;)

1作目で大感動だったので、今回は張り切って公開日に行ってきました♪
続きを読む
posted by のり〜ん at 15:46| ソウル | Comment(6) | TV・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

どうなったかしら?

パソコンが手元から消えてまだ2週間しかたってないんだけど、
やけに世間に疎くなったような気がしているのり〜ん。

続きを読む
posted by のり〜ん at 12:21| ソウル 🌁| Comment(14) | スンホン君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

復活!!!!

いやぁ〜〜〜〜長かった・・・。

11月19日月曜日、ワタクシのり〜んは
ようやくパソコン生活に復帰しました!(≧∇≦)!
気にかけて遊びに来てくださっていた皆様、ありがとうございます♪

朝からウイルスソフトの再インストールとかメール設定とかで大騒ぎで〜
4時現在でかなりイヤ気がさしています(-。−;)
コレが大変だから、よほどじゃない限り修理に出せないのよねぇ・・・

でもねっ!!
今回は修理に出して、ほんま良かったと思ってますねん。

通常修理金額123,852円。
これが保障期間だったので無料になったのですから〜〜〜♪

まだ設定がちゃんとできてなくて、もうヘトヘトですが・・・(;^_^A
買い替えとか、修理代全額支払いのことを思えば何てことないわねっ!

延長保障、マジでおすすめです♪

今日の夕日〜♪ちょっとの間はバタつくけど、
これからもよろしゅう〜〜〜^^







posted by のり〜ん at 15:51| ソウル | Comment(12) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

この芋、なんて芋?


アナログ生活中のある日、キムチを買いに向かいのキムチ屋に行ったら、
「今、ふかしたとこだから〜あげるよ^^」と、銀紙に包まれたブツ
カゴに入れてくれた。
どうやら私は、タダでは帰らないようにできているようだ(笑)。

家に帰って銀紙を広げると・・・



食べ物には鼻が利くのよ〜ん世にも不思議な
人参色のサツマイモ
顔をのぞかせたのでした〜♪







これは なんて芋かしら?

私が思うに紅ハヤトって種類の芋かと。


・・・違うかな?

もしそうだったら、けっこうレアな芋みたいなんだけど・・・。

なんか・・・ウレシイ(≧w≦) ←ミーハー

posted by のり〜ん at 19:52| ソウル | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

スンホン君からオダジョー

アナログ生活中のある日、私のもとへスンホン君が舞い降りました。



続きを読む
posted by のり〜ん at 12:04| ソウル 🌁| Comment(0) | スンホン君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

〜そらとぶねこ〜を満喫する

アナログ生活中のある日(またかよ)
かねてから注目していた写真集を購入しました!

その名も

スンホン君以外の写真集、買っちゃったわ!そらとぶねこ!!

パソコン入院直前の日記
話題に出していた写真集で〜す。
なんとトートバックつき。


おまけつきの写真集がドーンと積まれているのを本屋で見たときは
思わず「ここは韓国の本屋か?!」と錯覚しました。
(しない、しない(≧w≦)ぷぷぷ)
続きを読む
posted by のり〜ん at 00:38| ソウル | Comment(0) | わんこ★にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

見られるかな?(追記あり)

さっき知ったんですが、スンホン君、今日の7時30分から
青龍映画賞に参加するんですってね!!(≧w≦)←気づくのおそっ!

青龍映画賞:23日開催、トップスター勢ぞろい
by朝鮮日報

スンホン君はプレゼンターですかね?
どちらにしても生放送でスンホン君を見られるなんて、ほんと夢のようだわ〜。

KBSは無登録でも視聴可能なんで、視聴に挑戦しようと思ってるんだけど
アクセス殺到で見られないかもなぁ〜(◎_◎;)
(イルちゃんのおかげで、その辺の知識は増えたワタシ♪)

いつかどこかで見られることを期待しつつ、今日もダメもと
視聴に挑戦してみま〜〜すd(⌒O⌒)b
続きを読む
posted by のり〜ん at 18:11| ソウル ☔| Comment(2) | スンホン君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ズームイン!紅葉。

昨日、仲良し3人組で京都東福寺まで紅葉狩りに行ってきましたd(⌒O⌒)b

それにしても・・・
最近の京都はいつ行っても混んでますな。
昨日もたしか平日の木曜日だったと思うのですが、すんごい人出でした(汗)

東福寺は、紅葉で有名なお寺。
近くにある天得院に書いてたんだけど、
東福寺は600年前に桜を全部切って紅葉の寺になることをきめた
らしいですぜ。
なかなか腹の据わったお寺ですなぁ・・・。


600年前って誰の時代?
1400年くらいやろ?何時代や。
いい国作ろうは鎌倉幕府やから、その次の時代やで。

おバカな3人の会話からは、なかなか正解にたどり着くことができません(爆)。


今調べてわかったんだけど、1400年のあたりは室町時代でした。
足利義満、一休さんの時代やんかいさ〜。

さてさてプチ歴史講座(?)も終わったことだし、
きれいな紅葉をご堪能くださいませ〜〜〜〜v(゚∇^*)/^☆続きを読む
posted by のり〜ん at 22:18| ソウル ☔| Comment(10) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

とほほな日々(; ̄ー ̄A

みなさん、こんにちは〜〜♪

先週3週間ぶりにパソコンが修理から戻ってきたので黒ハート
外付けハードディスクに保存していたホニ画像を
よだれ垂らしながら見ていたら、

プッ・・・。

という音とともに、突然電源が切断されました。

で、その後・・・復活せず
またまた点検にだすハメになっちゃいました!!

工工エエェェ(゚Д゚;ノ)ノェェエエ工工

どないやねん!
どないやねん!
どないやねーーーーん!!!


ちょっと更新してへん思たら
こんなことになってましたのよん(о´ω`о)ぇへ♪♪←?



てことで、またネットカフェから日記を書いてます(汗)

1週間で故障ってどうよ?1週間て。(のり〜んさん、壊れてます)
ま、1週間やからたぶん無料で再点検してくれはったんやと思うけど。
(当然だな。)

というわけで、

またしばらくはネットカフェからお送りすることになりました(;゚ ロ゚ )
時間制限があるので、思うようにネットサーフィンもできません!( ; ロ゚)゚
来年の年賀状は、何年ぶりかの手書き作成に決まりました!!( ; ロ)゚ ゚


こんな私ですが、これからもよろしくです。
クッソー厄は今年のうちに全部払ってやるっ!!!

あぁ・・・私のパソコンちゃん、どうなるのかしら〜〜〜〜

posted by のり〜ん at 17:59| ソウル | Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

shunsukeの韓国留学便り 11月

●これはハングル講座でのり〜んが知り合った若者、shunsuke君の韓国滞在便りです●

熱血教師shunsukeが、生きた授業を子供たちに届けたいと思い立ち、 学校を離れ、ピースボートを経て、2007年に韓国留学しました!
ピースボートを知らない方はごめんだけど、ググってね(^_-)-☆

shunsuke君のお便りから、韓国のこと、日本との違いなどを感じてもらえるとウレシイです♪

shunsuke君から、10回目のレポート    

shunsuke君から届いた写真!!

11gatu111gatu211gatu3
















すべて江華島へ行った時の写真












皆様こんにちは!
今月ソウルは、紅葉も終わり雪が降る日もありました。 もうこの季節になると、ここまで学んできたことを色々まとめていかなければ、 という焦燥感も感じつつ、毎日過ごしています。

韓国に来て9ヶ月、 ありとあらゆるものを食べましたが、最終的に日本食の中で一番恋しくなったのは、 食べ物ではなく食感でした。
韓国の食べ物は、どれも私に合い本当に美味しいものばかりでした(ほぼ全てが辛い味付けですが・・・)。
しかし、ある食感だけは口にすることができませんでした。

それは、天丼の上にのっている海老天の「ころも」のような食感です。
残念ながら韓国では、あのサクサク感に出会うことができませんでした。 今では、あの食感が一番恋しいです。
「いやいや、韓国にも日本に負けなへんくらいサクサクした、おいしいころもの店知ってんでー!」 という方がもしいらっしゃいましたら、是非とも御一報下さい。

さて、先日大学の友達と話していると、こんな言葉に気をとられました。 「・・・自分探し・・・」。
どういう話の脈からこの言葉が出てきたのかは詳しく覚えていないのですが、 少なからず私に対して放たれた言葉だということは、はっきり覚えています。
そして、この言葉が妙に心にひっかかったのです。 「自分探し」。 最近、よくこの言葉を耳にするようになりました。 特に我々の世代において。

私がこの言葉を耳にしてから以降、 なぜ何度何度も心の中で回想していたのか、最初は分かりませんでした。 しかし、 この「自分探し」とは何なのか、また「自分」とは何なのかを徹底的に自分の内面に受け入れることで、 この留学をまとめる外観を完成させることができるのではないかと気付いたのです。

そこで「自分探し」というキーワードを辿って調べていくと、すぐにこんな言葉に出会いました。 「ロストジェネレーション(失われた世代、又はさまよう世代)」。
最近私たちの世代に、こんな名称が付けられていることを、私はこの時初めて知りました。
私たちの世代、 2007年現在、25歳から35歳までの人口約2000万人を指し、 就職氷河期に就業年齢を迎えたことが特徴的に表現されている言葉です。
さらに30〜35歳を「前期ロスジェネ」と呼び、 以前から「団塊ジュニア」、「ポストバブル世代」とも呼ばれています。
そして、25〜29歳を「後期ロスジェネ」と呼ばれています。
私も現在26歳。 「後期ロスジェネ」に当てはまります。

そして、次に出会った言葉が、「ワーキング・プア」。 働いても貧しい現状から抜け出すことができないことを指す言葉です。
働けば当然生活できるという常識が今では常識という概念から外れてしまっている、 ということです。
そして最後に「格差社会」。 正確には「貧困問題」または「不平等」という言葉に置き換えることができると思います。
この言葉は以前にレポートで扱ったので、ここでは省略します。

今挙げた3つのキーワード「ロストジェネレーション」「ワーキング・プア」「格差社会」は、 「自分探し」と関連付けることができると共に、現地点からこれから先起こる すべての問題とリンクして考えていくことができると感じました。
しかしそこで特に私が注目したのが、「ロストジェネレーション」についてです。 この世代にあたる若者は、日本が最も豊かな時代に生まれながら、 社会人になろうとするときには景気停滞期を迎えました。

年功序列に終身雇用の崩壊、すなわち日本的経営の真髄が失われた そんな時期に社会に飛び込んでいった世代です。
そして、まだまだ未成熟な成果主義が謳われ始め、また世の中は、 バブルが崩壊し絶対に潰れないと言われていた金融機関の破綻、 阪神・淡路大震災の突然の災害、アメリカの9.11などの「社会のもろさ」を目の前にして、 その最前線で自分たちの生き方を模索しなければならなくなりました。
今までの時代とは明らかに違い、過去にロールモデルがなく、 そんな社会の中で手探り状態のように「自分探し」が生み出されてきたのが必然だったことがよくわかりました。
国家、体制、正義、すべてを信じることができなければ、最後には自分を信じること以外に残された道がなく、 結局「自分探し」は社会から余儀なくされたといっても過言ではありません。
しかし、自分を信じることが安直なことではないことは、我々若者が一番よくわかっていることです。

だからこそ、「正しい」ものではなく、 強いもの、力のあるものにすがる気持ち、巻かれる気持ちが生じても不思議ではありません。
また明快で分かりやすいものに、心が引かれる傾向にもなります。 これらから 不安な状態である人間がバランスを失い傾くことが、ごく自然の現象だということもできると思うのです。
未だに小泉氏や石原氏が若者から支持されているのも、若者が「右傾化にある」と言われるのも、 すべての要因がここにあるとは言えなくても、 少なからず社会が作り出した「自分探し」の波の一つであることは間違いありません。
韓国でも最近になり大学卒業後の若者にこんな名称が付けられました。 それは「88万ウォン世代」。 88万ウォン(日本円で約10万円ちょっと)というのが 非定期職(日本で言う、非正規雇用)の1ヶ月の平均月給を指しています。 大学を卒業した学生の約50%が、この非定期職に就かざるをえない状況だと言われています。
もちろん平均であって、大企業の非定期職であればこれの2〜3倍近くの月給があり、 韓国でも大きな問題になっている格差をさらに広げる要因の一つにもなっています。
日本よりも遥かに激しい学歴社会の韓国で、 それに取り残された学生たちは、この現実を避けることができないのです。
私の今いる周りの友達も含め、やはり日本と同様先の見えない未来に不安を感じているのです。
日本では、 この「失われた10年」の間に急激にインターネットが普及し、社会が激しく変化しました。
そしてまた韓国においても、 今現在もダイナミックコリアと呼ばれるように、日本よりさらに短い期間でインターネットが広まり ドラスティックに社会が変化している最中です。

日本で長期不況から抜け出すための踏み台の10年を、ここ韓国では今まさに 「88万ウォン世代」を踏み台にしてさらなる経済発展を目指しているように、 私には重なって見えてしまうのです。
振り返ってみると、今まで日本も世界2位の経済力を保つために多くの犠牲を払ってきました。

それはまさに物質的な犠牲と言うよりも、 むしろ取り戻すことができない「人の命」を多く払ってきたように思います。
例えば、自殺率一つをとってみても、今もなお日本は世界有数の自殺国です。
韓国も、OECD加盟国内で世界一の自殺国です。 また20、30代の死亡原因の1位が自殺でもあります。
命だけでなく、沢山の家族や各個人の心にダメージを残しました。
それらの犠牲は、社会の気付かないところで数多く黙殺されてきました。
しかし、ここで大事な点は 社会の犠牲と聞くとつい「マイノリティー」(少数派)を連想しがちですが、 これらの問題において日韓共に最も大事なことは、 社会の犠牲になった人々が、社会の中軸を形成している「マジョリティー」(多数派) だったことに気づかなければなりません。
どこにでもありふれた存在だからこそ、盲点になってしまっていたように思います。

私は韓国に来て、歴史フォーラムや平和フォーラム、ワークショップなどにできる限り参加してきましたが、 「マイノリティー」ばかり気にしていて、私自身も悉くこの点を見落としてきたように思います。
私は第一の争点として、 日韓の若者の未来の安心が少なからずこの現状よりも国家に保障されるまでは、 具体的な問題定義にまともに取り組むことができないではないかと、心から痛感しました。
マジョリティーの一部であるが故に、自分の不安定な現状を数値化されるだけで社会から見落とされ、 またそれを「自分探し」と称されたりすることに、我々自身が気付き、 声をあげていかなければならないと思いました。

日本の場合では戦後60年において、徐々にこの体制を意図的に構築してきことが現実であるならば、 これに従属していては何も変わらないということが一つの普遍的なロジカルとして受け止めることが まず、その第一歩だということがいえると思います。
その一歩が出さえすれば、日本もまた韓国も大きく変貌するのではないかと感じています。
このロールモデルなき時代に生まれたからこそ、 その逆境を武器に自らのポテンシャルを最大限引き出すことの可能性も大いに感じられます。
大きな壁に自分たちの新しい生き方を作り上げようとあがき続けることが日韓の壁だけではなく、 世界に通用する単に拝金主義的な経済発展とは違った側面を持った発展が可能になることの 「夢」と「希望」を私は今ここソウルで持てたことを、この留学のひとつのまとめとして、 ここに記します。

今月のハングルトリビア講座 『 ノップンウムジャリピョ 』→『 ト音記号、高音部記号 』
                              日韓辞典 小学館より


07年11月30日 shunsuke from KOREA
posted by のり〜ん at 00:00| ホノルル ☁| Comment(0) | 韓国のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする