2007年08月01日

誕生日と祭りと朱蒙(繋がりナッシング★)

昨日は母の誕生日だったので実家へ。

この日は毎年、実家の近くで「大魚夜市」が行われる。
昔は花火があがったりもしたのでかなり楽しめたのだが、
騒音のため周辺住民の反対にあい花火がなくなってからは、
暑いのと人が多いだけなので足が遠のいていた。
(花火の音って騒音なん?オロロン・・・)

ところが今年はめずらしく、
父が夜市会場を見に行こう!見に行こう!!とうるさくねだるので(?)
あっつい中、本番(魚市のセリ)前の、出店やイベントを見に行った。

続きを読む
posted by のり〜ん at 00:23| ソウル ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

やっとGETしたわ〜!!

嬉しがりは撮影するのだ★外付けハードディスクGET☆

いや〜ようやく手に入れました!!
今年早々にパソコンが潰れて8ケ月!!
長かったわ〜〜〜〜(T▽T)




続きを読む
posted by のり〜ん at 01:12| ソウル 🌁| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

いやぁ〜お盆ですねぇ(*´▽`*)

「鎌倉源吉兆庵」の金魚だす。残暑見舞い申し上げます〜〜m(_ _)m

早いもので、今年ももう8月半ば。
いや〜ほんと歳をとればとるほど、
月日の流れが早く感じますわ〜

ウチはオットの仕事の関係で、お休みがぎりぎりまで確定しないので
いつも突然「ハイ、明日から休みね♪」と、言い渡されることが常です。

・・・て、ことで突然決まりました。

明日からオットの故郷へ里帰りです(笑)

いつものことなんだから先に準備しとけばいいものを〜
なんの準備もしていなかったため、全部有りもので行って来ます(-ω-;)
(ホラ、こういうときに旦那のパンツとか靴下とか新調したりするでしょ?←え?しない?)

スンホン君はこの暑い中、バリバリ働いているようですね♪
韓国のお盆は秋夕(チュソク)だから関係ないものね(*´▽`*)
最近上海よく行ってるよね〜同じペースで大阪にも来て欲しいわ。
※上海行き、中国側の問題で無期限延期になったみたいですね。
  HLに書いてたわ。Jママ様、教えてくれてコマウォヨ〜♪


こんな器に入ってますねん♪里帰りの間、パソコンから離れま〜す。
皆さま、穏やかなお盆をお過ごし下さい黒ハート

※写真は、鎌倉源吉兆庵
の水菓子♪
関東から久々に里帰りした友達の実家で頂いた一品♪
甘くて美味なり〜
久々の家族団らんの場に襲撃したワタシを(爆)
おっちゃんもおばちゃんも歓迎してくれました^^
posted by のり〜ん at 13:54| ソウル ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

ただいま〜♪

朝顔まともに見たんは久しぶり。お久しぶりで〜す♪
お元気?お元気っ?!

12日からオットの実家へ帰省していた私。
昨晩、高速バスで無事に戻りました〜^^
続きを読む
posted by のり〜ん at 22:55| ソウル ☔| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

里帰り3日目♪


る〜ちゃんとモカに会えたのもつかの間、
いきなり里帰り最終日のお話だす(;^_^A

最終日は夕方5時ごろまで時間があったので、
義父がアレコレ考えてくれ、
結局、島めぐりをすることになりました。

赤が目にまぶしいぜっ!!この日の起床は朝5時過ぎ
船出の朝は早いのであ〜る(゚Д゚;)



続きを読む
posted by のり〜ん at 22:38| ソウル ☀| Comment(2) | 岡山・広島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

今頃・・・「海神」



またまた登場「海神」!!!




(写真:KNTV公式サイト)

韓国時代劇「朱蒙」を見て、ソン・イルグク氏の演技が気になり、
彼が注目されるきっかけとなった「海神(ヘシン)−チャンボゴ」
見ることにしたワタシ( ̄ー ̄)

「朱蒙」ほど長くなかったこともあり、わりとサクッと視聴完了しました♪
続きを読む
posted by のり〜ん at 23:29| ソウル ☀| Comment(4) | ソン・イルグク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

やりぃ〜〜ヾ(≧∀≦)ノ

ものすごく遅いんですが、昨日ようやく脳内メーカー相性編をしました〜♪
なんかね、すんごい人気だったでしょ?
だからうまくアクセスできなかったの(;^_^A

相性編の相手はモチロン承憲君!!(なぜか漢字)

いや〜奥さん♪
むっちゃ都合良い結果になりましたわよ〜ヾ(≧∀≦)ノ


続きを読む
posted by のり〜ん at 17:48| ソウル ☁| Comment(6) | スンホン君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

秋の訪れ・・・?

激キレイ!!!!みなさん、こんばんは♪
自称夕日ウォッチャーの
のり〜んです(*´▽`*)




あいかわらず毎日腹立つほどの酷暑ですが
夕日の強さ・雲の形が最近柔らかくなってきました。
信じられないけど、もう秋がスタンバイかっ?

空だけじゃなくて、そろそろ涼しくなってくれ〜〜〜!
暑いと身体が痒いのよ〜〜〜〜!(-ω-;)!

「Mネット20sチョイス」授賞式に、
やっぱりスンホン君がでてこなかったので
気晴らしにサイトでもUPしてみました^^


 photo更新

コチラ↓からどうぞ♪
なぜかシンクロしてしまう国、韓国
posted by のり〜ん at 22:18| ソウル ☁| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

「韓国にいるスンホン君が恋しいです。」

タイトルと全然関係ないし・・・( ̄ー ̄)ふっ・・・





すっかりないがしろにしていた「韓国語講座」カテゴリー(-ω-;)
たまには日の目を見させてあげなければかわいそうなんで、
今日は久々に講座ネタ、いってみま〜〜す!!!
続きを読む
posted by のり〜ん at 19:21| ソウル ☁| Comment(2) | 韓国のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

ひさびさの大ピンチ!

5月頃から、黄砂に負けただの、マーガレットに負けただのと、
皮膚が弱いことをアピールしていた私だが・・・

今、非常にヤバい状態になっている!!!

続きを読む
posted by のり〜ん at 00:32| ソウル ☁| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

ありがとうございます♪

前回の日記に対して、いろんな方から元気をいただきました。
お声がけしてくださった方、情報を教えてくださった方、
かげながら心配してくださった方、本当にありがとうございました。

情報はいくつあってもありがたいので本当にたすかりました^^
全快までは長い道のりだと思いますが、プラス思考で考えて
いこうと思います。


さてさて、今日は皆既月食らしいですね♪

続きを読む
posted by のり〜ん at 21:26| ソウル ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

ひょうたんからコマヾ(≧∀≦)ノ

みなさん、こんにちは。
ホニファンの方に、ちょっと遅いプレゼントです♪




続きを読む
posted by のり〜ん at 12:38| ソウル ☁| Comment(54) | スンホン君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

shunsukeの韓国留学便り 8月

●これはハングル講座でのり〜んが知り合った若者、shunsuke君の韓国滞在便りです●

熱血教師shunsukeが、生きた授業を子供たちに届けたいと思い立ち、 学校を離れ、ピースボートを経て、2007年に韓国留学しました!
ピースボートを知らない方はごめんだけど、ググってね(^_-)-☆

shunsuke君のお便りから、韓国のこと、日本との違いなどを感じてもらえるとウレシイです♪

shunsuke君から、7回目のレポート     shunsuke君から届いた写真!!
8月18gatu28gatu3










      
左:済州島は「世界平和島」です。
中:トルハルバン(済州島のシンボル)
右:済州島の海(きれいね〜)

皆様こんにちは!
今月はソウルの家に帰ることがほとんどなく、色んな方と色んな形で過ごす事が多く、 貴重な体験が沢山できました。

そんな中、今月は主に2つのワークショップに参加してきました。
1つは「日本・中国・韓国青少年歴史体験キャンプ」を5泊6日で済州島で、 もう一つは「在日同胞の故郷探しフィールドワーク」を2泊3日で慶州北道に行ってきました。
今月はこの2つの体験で感じたことについて、書きたいと思います。

「日本・中国・韓国青少年歴史体験キャンプ」、 「在日同胞の故郷探しフィールドワーク」いずれにしても、 これらのフィールドワークそのものの感想文や行程内容についての文章は 避けたいと思っています。
それは 伝えるという意味において「フィールドワーク」という経験そのものの感想だけでは意味がなく、 それを経験した上で主体的に向き合った自分が何を感じたかに重点を置くことが 大事なのではないかと私なりに感じたからです。

これらの活動を振り返った時にいつも付きまとうのは悲壮感のような心の寂しさです。

ワークショップを「何のために?誰のために?」と問うことを個々に投げかけてみると、 あまりにも理想的であったり抽象的であったりすることが多く見られるからです。
これは、もちろん私にも当てはまることの一つです。 しかし、今回「これではいけないんだ」ということを改めて考えさせられました。 何のために今自分がこの活動に参加しているのか? 誰のための活動なのか?  
―自分のためなのか?―    ―被害者のためなのか?―    
―犠牲者のためなのか?―  ―未来のためなのか?―  
―自分が守らなければならないもののためなのか?―
或いは  
―これらすべてのためなのか?― というさまざまな意見が個々に存在します。

この問にとって最も大事なことは、これらの意見を「お互い尊重し合うこと」という点で、 ワークショップの最終討議の一つの結果として導き出されることが往々にあります。
しかし、果たして「お互いに尊重し合うこと」が本当に現実的で持続可能な提案なのか ということに対して以前から疑問を持っていました。
尊重という言葉の本質をとらえるときに、 具体的なビジョンを持っていることが前提で初めてお互い尊重することが可能であり、 理解が生まれるのではないかと私は感じています。
それは、先月も書きましたが「尊重」という、ある種言葉のブランド力に頼り、 そこに自分の気持ちよりも、言葉に気持ちを託していることがよくみかけられ、 討論などではその場をかわす手段に過ぎない一つの道具として用いている場面とよく直面します。
「尊重」というものを真摯(ここでの「真摯」とは主に具体的なビジョンを意味する)に受け止め、 又真摯な気持ちで発信しているかどうかというのは、別のところに存在しているものだと感じました。

今回の経験で「何のために?」と言うことに対して あまりにも一人一人の答えが抽象的かつ理想的なレベルでの思いが散漫していて、 それらを共有するためのツールとして用いる言葉にも、 単に短絡的にブランド力のある言葉を選択しているように感じたのです。
そしてこれはある意味、 具体的なビジョンというものをごまかすことに有効性が強く働くと共に、 相手に共感と同調を共有することで安心感を得る反面、 今後の課題の発展性が失われる副作用が同時に生まれることを 理解しなければならない強く感じました。
 私はこの先、特に東アジアというフィールドで活動を行う際、 必ずここでの学びをいかさなければならないと感じました。 私にとって「尊重」とは、 「単に人の話を聞いて頷くだけではなく、 そこにいち個人「平井俊介」という確立させたアイデンティティーをしっかり持つとともに 具体的なビジョンを描いたうえで、相手に主体を置くこと」 という意味だと解釈しています。
これは私なりの解釈です。 私の具体的なビジョンに当たるものはもちろん教育現場に立つ自分の姿です。

韓国へ留学し半年が経ちました。
私がこの半年間で学びえたこととは「自分の無知さ」です。
自分の無知に気付くことができたからこそ、 意欲的に学ぶ姿勢というものが自分の中に生まれました。
半年の留学、私が育ってきた教育現場、そして教師としての教育現場から、 今の世の中の教育というのが、いかに子どもをダメにするのか、 また子どもから自由と可能性を奪っているのか、よく分かりました。
教育を受けることが当たり前になった国では、当然の結果なのかもしれません。
私が今世の中で最も必要な教育というもの挙げるならば「再確認」と「再認識」です。
私が韓国へ来て何かを学んでいるのではなく、 この「再確認」・「再認識」という作業を一つ一つ行っているのだということに気付きました。
それらは例えば、 当たり前のことを、なぜ当たり前にできるのか 再確認しなければなりません。
平均的、一般的、普通というものの基準が何なのかを 再確認しなければなりません。
平等というものが、なぜ平等として成立しているか 再認識しなければなりません。
なぜ我々がこれだけ裕福な生活ができて、貧困な国がさらに貧しくなっていくのか 再確認しなければなりません。
同じ地球上になぜ戦争している国と、平和な国があるのか 再確認しなければなりません。
戦争が終わっても、未だ戦争が終わっていない方たちの気持ちを 再認識しなければなりません。
そして今 自分たちが何を学び、何を伝えなければならないのか 再確認・再認識しなければなりません。

今月は、さまざまな国籍や年代の方たち、そして歴史跡というもに触れることができ 本当に沢山の刺激をいただきました。
今年の夏も去年と同様、大きく成長を実感として掴むことができました。

今月のハングルトリビア講座

『 ミーティング 』⇒『 合コン 』
                              大学の男友達より

07年8月31日 shunsuke from KOREA
posted by のり〜ん at 00:00| ホノルル ☁| Comment(0) | 韓国のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする