2016年11月18日

空が好き。

ふと眼を向けたときの青い空にハッとする
IMG_0556.JPG











青い空と白い雲、みごとな調和
IMG_0555.JPG











芸術だわ〜(≧▽≦)





posted by のり〜ん at 16:38| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

わさおの名付け親、メレ山メレ子さんのエッセイ

皆さん、こんばんわ。
今日は68年ぶりのスーパームーンですね。
雨降ってますけど〜(;´∀`)
非常に残念な本日は、読書感想文など書いてみました♪


メレ山メレ子というイカした名前のこの方は
あの有名な秋田犬「わさお」の名付け親(≧▽≦)

イカの町で出会ったモジャモジャ犬「わさお」→★

私はこの方の旅行ブログがツボで昔はよく読んでた。
(最近は昆虫のほうへシフトし、昆虫嫌いの私には見えない結界が・・・(;´∀`))

そんなメレ子さんが、この夏エッセイを出版!
メメントモリ・ジャーニー -
その名もメメントモリ・ジャーニー -

メメントモリ
って聞いたことあるぞ!?と思ったら
原田宗典さんが久々に出した小説の題名が「メメント・モリ」だった。

そうなのよ。久々に読んだのよ。原田宗典さんの小説。

レビューしてなかったことに今頃気づいたわ。

なのでこの機会にレビューしとこうと思う。メレ子よりも前に(;´∀`)
メレ子殿、すまぬ!これも何かの縁(?)だからちょっと待っててね。

メメント・モリっていうのはラテン語なのよ。
ラテン語で「死を記憶せよ」とか「自分がいつか死ぬことを忘れるな」とか
そういう意味の警句らしいです。

メメント・モリ -
メメント・モリ -
鬱病、家庭崩壊、自殺未遂、大震災、麻薬逮捕。21世紀の碌でなし文学誕生。
生からの一瞬の暗転として確固たる死を想え。
不測の事態で流動する恥多き人生のただ中でこそ。
時間を自在に往き来しながら、時に幻想的に、あるいは軽妙なユーモアのうちに、
切実な記憶の数々を有機的につなぎ、やがて生命の喜ばしき光に到る……。
泥沼のスランプを脱した著者10年ぶりの復活を証して、異彩を放つ長篇小説。

原田宗典さんは、2013年に自殺未遂をしたのだけれど
小説によると、うつ病・覚せい剤逮捕とか、そういう一連の出来事の中で
はっきり自殺したいとかそんな強い気持ちでもないうちに死に近づいたようだ。
留置所・病院・死、その中でメメント・モリを感じた。
長編小説となっているけれど、ほぼほぼ私小説です。

原田宗典さんは、
ナイーブで重めなテーマの小説とおとぼけエッセイの差が面白い人。
私は彼の見削りギャグ満載のおとぼけエッセイが大好きで、
その頃出版された彼のエッセイは制覇していたと思う。

同じように、その当時好きでよく読んでいたのが「鷺沢萠さん」。
この方も、ナイーブな小説とおとぼけエッセイの落差が激しくって。
すごく面白くて人間っぽくて大好きだったから、早すぎる死が残念でならなかった。

若かりし私が好んで読んでいたお2人が奇しくも死に近づいてしまって
小説家とか、ものを作り出す人というのはやはり辛いんだな、と思ったこともあった。

彼らと意味合いは違うけれど、ある地震専門家が地震がくる時期についての質問に
「人はいつか必ず死にますよね?でもそれがいつかはわからない。
地震がいつ来るか?というのも人の死と同じで、いつくるかはわからないけれど
その時は必ずやってくる、と考えてください」と答えていたのを聞いてその理屈が
ものすごく腑に落ちた。
私が「自分がいつか死ぬ事を忘れるな」〜メメント・モリ〜を自覚したとするならば
あの時になるんだと思う。

原田さんは自分の臨死体験からメメント・モリを深く自覚したんだろう。
そしてそれを文章にした。
どんなに苦しくても、「やはり書く人だから」なんだろうなぁ

いかん!ハラムネでそうとう語ってしまった!!(;´∀`)

メレ子のレビュー書くから読んで!!
メメントモリ・ジャーニー -
メメントモリ・ジャーニー -
人生は、しばしば旅にたとえられる。
その場合、旅の終わりは「死」ということになるのだろうか。
遠く離れた土地で抱いた気持ちを文章にしていくことは、翻って自らの人生を捉え直すきっかけとなった。
死を想うと、生が明滅してスパークする。
突き動かされるようにして、オリジナル棺桶を作りにアフリカはガーナへ渡ったメレ山メレ子。
時を同じくして手に入れた新居に、ついにポテト・コフィンがやって来た……!
メレ山メレ子が「旅と死」をテーマに綴るエッセイ、その名も『メメントモリ・ジャーニー』!

う〜ん、青文字の部分はアマゾンの商品案内の文章なんですが、私的にはそれほど
「旅と死」がクローズアップされることはなかったかな。
同じメメントモリでもハラムネとは正反対で、反対に生が際立つ文章って感じ。

私が一連で感じたのは、
メレ子さんは本当に正直な文章を書こうとしている人なんだなぁということ。
で、頭が良い人。
頭で思っていても伝えるには難しい感情ってあるじゃないですか。
それを非常にうまく表現できる人。
メレ山ですから、メレ子ですから!
全体的にメレ風味が行き届いたエッセイでございました^m^










posted by のり〜ん at 22:51| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読んでみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

★トランプ勝利!日本はどうするべきか?

★トランプ勝利!日本はどうするべきか?

という題名で、ロシア政治経済ジャーナルの北野さん
ダイヤモンド・オンラインさんに記事を上げてくださいました(≧▽≦)

不安なみなさん、読んでみて?
政治家のみなさんもね。



http://diamond.jp/articles/-/107231
(●携帯、スマホで見られない場合はPCでお読みください。)


posted by のり〜ん at 07:00| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

浅田次郎さんの新選組三部作

浅田次郎さんの新選組三部作ってなんやねん?とおもいます?

『壬生義士伝』『輪違屋糸里』『一刀斎夢録』がそれなんだけど、
壬生義士伝は以前に読んですでにレビュー済み→★
輪違屋糸里と一刀斎夢録を今回ようやく読み終えました(≧▽≦)

と言いながら、一刀斎の方は、
レンタル期間内に読みきれず、しかも
次の予約が入っていて延長できず再度借りなおす
という憂き目にあいましたが
(これもお年頃か?読む速度が落ちて・・きた?(;´Д`))

なんとか読み終わりレビューの日を迎える事が出来た〜♪


新選組三部作ってのは、子母澤寛さんが書いたものがもともとあるの。
こちらは幕末を体験した人にインタビューして書いたものなんだけど、
なにせお年を召されてる方もいたので、学術的な史実ではなく
興味深い昔語りをまとめた貴重な資料といったかんじでしょうか。

新選組始末記―新選組三部作 (中公文庫) -
新選組始末記―新選組三部作 (中公文庫) - 「壬生義士伝」でどっぷりハマった私も買いましたよ。
読みましたよ。
で、感想も書いたけど、当時は正直、なんか難しくて良くわからなかった。
もう一度読み返したら今度こそ心に染み入るかも!?と思うのに
すでに手放しちゃったー(;´Д`)

で、浅田次郎さんもこの本に影響をうけて自分なりの新選組三部作を
書き上げたようです。

浅田次郎版新撰組三部作を語る→★文藝春秋
てか、このインタビュー記事の前に載っている浅田次郎さんの直筆見てみて?
芸術のような綺麗な字です。
この文字でたくさんの物語を生み出していると思うとさらに
深みが増す気がします

前置きむちゃ長ですね(^^ゞ

では読んだ本の感想〜(≧▽≦)
輪違屋糸里 上 (文春文庫) - 輪違屋糸里 下 (文春文庫) -
輪違屋糸里 上 (文春文庫) -
輪違屋糸里 下 (文春文庫) -
これは島原の芸妓の目線から芹沢鴨暗殺の真相にせまった物語。
テレビドラマでは上戸彩ちゃんが糸里を演じたようですな( ̄▽ ̄)
昔は貧しい家の女の運命は限られていて、ここに出てくる女性たちも
みんな望まない人生を歩んでいるのね。
糸里は、いろんな経験を経て最後には背筋をしゃんと伸ばして
自分で自分の人生を決めた。
その裏には優しさと犠牲の精神が隠されていたけれど・・・
現代の人間も基本は同じはず。
欲しがるばかりではなく、強く優しくしなやかにならないとね。


一刀斎夢録 上 (文春文庫) - 一刀斎夢録 下 -
一刀斎夢録 上 -
一刀斎夢録 下 -
いや〜、読んだよ読んだ!
あらすじはアマゾンで見て下さい(≧▽≦)
なんていうのかな?
泣かせようとしていないのに、読中読後、涙があふれて仕方なかった。
斎藤一の思考回路はまったく共感できないけれど心に染み入るのはなぜ?
彼の話に嘘がないから?(もちろん小説の話だけど)
壬生義士伝を読んだあともそうだったけれど、この時代はやはり哀しい。
「輪違屋糸里」に出てくる女性の思考回路は理解できるから
泣くほどの事はなかったけれど、武士は泣けるわ〜
うまく言えなくてとてももどかしいけれど、読後の余韻が半端ない1冊です。

最後に、
西南戦争を何故しなければいけなかったのかが
私にはどうしても謎だったのだけれど、
浅田次郎さんも疑問に思っていらしたらしく、
彼なりの仮説を、小説内の斎藤一に語らせてました。
これも必見!
仮説だけど、そう思えば私も納得出来るかもなって思いました(´-`).。oO

是非、三部作で読んでみてください(≧▽≦)

posted by のり〜ん at 21:14| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読んでみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

秋晴れの1日。ビールを飲んで向かうは「平城宮跡」と残念だったブルーインパルス!

前回の続きです♪

秋篠寺からバスで近鉄西大寺駅に戻り、ここで腹ごしらえ
P1070918.jpg
奈良だけに「奈良づくり」(≧▽≦)
てか、肝心の料理写すの忘れてたΣ(・ω・ノ)ノ!

ここから平城宮跡まではバス。
歩いても近かったんだけど、道を知らなかったからバスを選んでしまった!
これがのちに悲劇を生む・・・

バスね。待っても待っても来ないの。始発駅なのに来ない;;
それでも待ってたら、空がなんか違う!すんごい音するし、
周囲もざわつき始めた!!

なんとこの日、
航空自衛隊でブルーインパルス航空ショーの予行
行われてたのーΣ(・ω・ノ)ノ!
IMG_0520.jpg
うわっむっちゃ見たい!ってなったけど、バス停からでは
ちょっとしか見られなくて、
しかもバスが来ないのはこのショーのせいで大渋滞が起こってたからだと
後で知りました(;´Д`)残念!!

結局、バスはショーが終わったあと約40分おくれで到着。
ショー帰りの人波でバスも徐行運転だったので私たちは北側の太極殿に近い
停留所で降りて入場したわ。
南側の朱雀門が入り口らしいから出口からの入場になるのかな?

ところでバスの運ちゃん、休みなしの運転大丈夫だったかしら!?
あの人混みはすごく気を遣ったと思うけど〜〜〜^^;;

といいながらようやく到着です(≧▽≦)
P1070922.jpg
天平人の子供@衣装レンタルが散見される^m^


舞台では天平人の舞が
P1070924.jpg
P1070928.JPG
ヘアーメイクも衣装も完璧!
P1070923.jpg
それにしてもほんまに良いお天気♪
P1070932.jpgIMG_0460.jpg
P1070935.jpg
写真スポットもたくさんありました(≧▽≦)
P1070938.jpg
P1070939.JPGこちらは朱雀をモデルとしたオブジェみたいですな。

朱雀門に向かって歩いていたら〜日本酒の試飲の案内が!
遠回りになるのにそちらへ直行(≧▽≦)
P1070942.jpg
P1070943.jpgP1070944 (2).jpg
美味しくいただきました(*´ω`*)


で?
みんなが普通に行き来する門のところに微動だにしないこの人たち
P1070930 (2).jpgだれ

説明によると、平城京をまもる衛士隊とのこと。そうだったのか!
この方たち、しばらくじっとしたのち、
P1070954 (2).jpg
朱雀門に向けて・・・
P1070958.jpg
歩いてますが・・・
平城宮跡を分断する近鉄電車の架線がなんだかアンバランス

そして通過(≧▽≦)
P1070959.jpg
現代と過去のコラボ。
P1070961.jpg

ようやく朱雀門に到着!
P1070963.jpg
朱雀門前は工事中。平城宮跡、工事グッズがそこここにあるのよね。
なんか残念。
P1070965.jpg
朱雀門に着いたら、元来た道を戻ります!遠いよ〜
P1070948.jpg
360度ピーカンな空と、だだっ広い平城宮跡^m^
P1070966.jpg
P1070967.jpg
P1070968.jpg西
P1070969.jpg

あぁ、ここでブルーインパルス見たかった(;´Д`)
IMG_0524.jpg

ようやく太極殿まで戻ってきたー!
P1070973.jpg

舞台では石見神楽が行われてた!
P1070970 (2).JPG
太極殿の中を見学し、
P1070971.jpg
そろそろおいとましましょうかね(*´ω`*)
P1070972.jpg

この日の打ち上げビールは久々にミュンヘンで!
IMG_0471.jpg
IMG_0472.jpgIMG_0474.jpgIMG_0473.jpg
美味しいご飯を食べながら繰り広げられる反省会は
最後まで楽しゅうございました(*´ω`*)


posted by のり〜ん at 13:25| ホノルル ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅・食・散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋晴れの1日。まずは「秋篠寺」

秋晴れの土曜日、またまた奈良へ行ってきました(≧▽≦)
奈良は広いから天川村とはむっちゃ離れてるけど〜

向かうは秋篠寺と平城宮跡。

秋篠寺は初めて、平城宮跡は6年ぶり(→★)の訪問でした

長くなるので分けて♪まずは秋篠寺から〜

秋篠寺は親友Y子のリクエストで(^_-)-☆
こちらの伎芸天像(ギゲイテン)に会いに行ってきました!
P1070915.jpg
奈良のお寺は京都と違い落ち着いた雰囲気が好き。
(京都は華やかなイメージ)
P1070891.jpg
P1070888.jpgP1070890.jpg
IMG_0523.jpg
訪れる人も、観光というよりは、ここにいらっしゃる
仏像が好きで来ているといった趣き。
だから堂内でむっちゃ長居する人続出。
写真撮影もスケッチも禁止なのに、
椅子に腰かけてじっと仏像を眺めてたよ〜(うちらもだけど^m^)

撮影禁止ということで、伎芸天さまはどんな仏像?って思う人のために
画像を借りてみた。
akisino-dera-5.jpg5_pht.jpg
伎芸天さまが日本で現存するのは秋篠寺だけ。
ご成婚時、紀子さまがこちらの伎芸天さまに似てるといわれたことで

一時は観光バスが秋篠寺に殺到したらしいけれど、前の道、むっちゃ
狭いのにいけたんかな?と要らぬ心配^m^

実際に見た伎芸天様は写真ではお伝えできない。
ド正面の真下に立って、じーーーーーーーーっと見つめてみて?
本当に可愛くてふんわりしてその場を離れられないから。

伎芸天さま以外にも、本尊の薬師如来さまや帝釈天さまなどが
ズラリと並んでおりまする。

あと、秘仏の大元帥明王。
P1070898.jpg
年1回の御開帳ということで、普段は
P1070897.jpg
親切にも写真が置かれてたΣ(・ω・ノ)ノ!
P1070892.jpg
少しだけ紅葉。
P1070910.jpg
P1070908.jpg
静かで、苔の美しい秋篠寺でした^^


posted by のり〜ん at 12:32| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・食・散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

秋の空


幾何学模様・・・ってとこまでいかないけれど
色々な形の連続ぽい雲(≧▽≦)
IMG_0428.JPG













太陽光で銀色っぽく見えたこちら側の空。
IMG_0429.JPG










空気がキンと冷えてきた。

とうとう本当に(!)秋、到来ですね〜


posted by のり〜ん at 16:39| ホノルル ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | スンホン君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

「一路」読んでみた。

一路(上) (中公文庫) - 一路(下) (中公文庫) -
一路(上) (中公文庫) -
一路(下) (中公文庫) -

2013年に出版された浅田次郎さんの本。
NHKでもドラマ化されてたコレ↓です(≧▽≦)
ichiro.jpg
















参勤交代を題材に、裏切なんかも混ぜ込んだお話。ってことで
なんとなく内容が読める?って思い込んで全然かりてなかった1冊。

いざ読んだら、すごく面白かった!

特に「うつけ」と噂されているお殿様の心の声がすんごく人間味があってお気に入り。
裏切る側もそれぞれに葛藤があって本当に浅田次郎さん、魅せるよね〜と思いました(≧▽≦)

あと単行本の表紙が好き。
参勤交代の道中にエピソードを添えた絵がすごく面白かった^m^

これ読む前に同じく浅田次郎さんの「輪違屋糸里」と「一刀斎夢録」を読んでたので
おなじテイストかと思いきや、全然ちがう空気感だったのでさすがやな!と思った次第。
先に読んだはずの2冊。よんどころない事情アリでまだレビューできず!
よんどころなくなったら、そこんとこ説明がてらUPしま〜す^^;









posted by のり〜ん at 17:51| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読んでみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

天河大辨財天社へ。

夏の終わり、

「青のシンフォニーに乗らないかい?」と親友Y子に誘われた。
シンフォニー.jpg
青の交響曲(シンフォニー)by近畿日本鉄道

シンフォニーにはあまり興味ないけれど( ̄▽ ̄)
それに乗って行ける天河弁財天には行きたかったので
「天河弁才天にも行くなら乗る〜」と答えた。

それを受けたY子。
そもそも自分も天河弁才天の方が興味ある事を思い出した!

てことで結局、

青のシンフォニーには乗らず(時間が合いませんでしたの^m^)
天河弁才天に行くことに(≧▽≦)

今回はY子がリーダーなんで、ギリギリまで私はぼんやりしてたんだけど
やはり私なりに情報収集はしとかないとね♪と思い検索したら・・・

出てくる出てくる!
天河大辨財天社(正式名称)、呼ばれた人しか行けないだの、
縁がないとたどり着けない屈指の聖地!!とか書いてあるじゃない('Д')

Y子は「行くって決まってからやたらと天川情報にぶつかるわ〜」と
言ってるので呼ばれとんな〜と思ったけど、私イケるか?

なんて不安に思いつつの〜

無事到着です!!(≧▽≦)
昔は道路も舗装されておらず、たどり着くのが本当に困難だったので
そういう話が広まったのかもですね。

って、いまでも相当時間かかったけど^^;
IMG_0343.jpg














神社仏閣の写真を撮るときは、参拝時、神様にお願いしてからにしているので
実はこれ全部逆撮り(≧▽≦)

さも今到着したようなそぶりで記念写真を撮る我々^m^
IMG_0342.JPG














水の勢いが激しすぎる件で有名らしい御手水。
勢いは普通になってますよ?
てかこの龍さん、どことなく愛嬌がある^^
IMG_0328.JPG














天河大辨財天は正直、フォトジェニックな神社ではない。
また能舞台があるのだけれど、華やかな雰囲気でもない。
だから、写真を撮って楽しむとか寺社仏閣巡りを楽しむ場所ではありません。
パワースポットと聞いて訪れた場合、「ヘッ?」と拍子抜けするかもしれません。
人によったら10分ほどでお参りが終了してしまうかも。
IMG_0318.jpg














なぜかというと、ここはそのような場所ではないから。
見る場所、撮る場所ではなく、感じる場所。
IMG_0319.JPG












神社をかこむ全体が聖地
IMG_0317.jpg














こちらは天河大辨財天社の向かいにある来迎院。
IMG_0348.jpg














こちらにある大イチョウは樹齢700年以上!
雄雌合体してるという説も!
IMG_0351.jpg















精霊住んでるよね〜といいながら見上げる
(もののけ姫の世界〜)
IMG_0353.jpg

















参拝を終えて、天川村の自然を愛でる〜♪
(天川村は「川」、天河辨財天は「河」です(*´ω`*))
IMG_0360.jpg
ピンボケって・・・(^-^;














水がエメラルドグリーン!
IMG_0355.jpg














ちょっとだけ色づいてた♪
IMG_0364.jpg















ここがみたらい渓谷の入り口らしい^m^
人員5名
IMG_0362.jpg
























3人で歩いても揺れたから、ここまでで終了(ビビリか!)
IMG_0363.jpg















こちらは天川村にただひとつある信号

IMG_0383.jpg















上の写真にある「かどや食堂」でしそジュースを飲んで
IMG_0385.JPG



























天川の旅は終了(*´ω`*)


お店のご主人が
天川村のイベントパンフレットを持ってきてくれたのだけれど・・・


一部手に隠れて〜

「さみしがり」に見えた(≧▽≦)
さみしがり限定イベントかっ!?って^m^
IMG_0391.JPG














もみじ狩りに決まってるわな〜(≧▽≦)
IMG_0390.JPG















我々は日帰りという強行軍で行ったけど、おススメは泊まり。
洞川温泉で泊まってみたらい渓谷を散策し、
天河大辨財天社等をめぐるのが良いかと思います♪

そうそう。
帰り、バスに乗って窓の外をみていたら突然白馬がいてビックリ!
そこは丹生川上下神社ってところで、帰って調べてみたら由緒ある神社でした。
それと、私は見逃がしたけれど川沿いを立派な角を持った野生のシカが歩いてたって!

やはり自家用車かレンタカーで、
行きたいと思うところにくまなくまわるのがいちばんだわね^^;






















posted by のり〜ん at 21:24| ホノルル ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅・食・散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

今年最後のビアガーデン


いや〜3回行った!!
ザ・パーフェクトビアガーデン2016(≧▽≦)
1回目2回目


ビール好きの親友、Hちゃん&Gちゃんを連れて
終了ぎりぎりの週末に行ってきましたー!!ふぅ間に合った

今年はクラフトビアピクニックに行けなかったから、この夏の終わりに
も一回ビアガーデン的気晴らしがしたかったの〜
夏バテきつかったから、娯楽が欲しかったの〜ウレシイ〜〜(*´Д`)
IMG_0288.JPG

今回はオープンと同時に入ったので〜












IMG_0290.JPG座り心地最高のソファー席をGET(≧▽≦)














IMG_0289.JPG
夏の終わりをビールで感じるお年頃。

オバハン超えてオッサン(≧▽≦)













下の写真、左の建物がJR大阪駅という
超好立地もGOODでした!
IMG_0297.JPG










来年も同じ場所で是非!!










posted by のり〜ん at 07:00| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・食・散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

スンホン君も40か!

1日遅れるあたりが私だけど( ̄▽ ̄)

スンホン君、お誕生日おめでとう。
韓国年齢41歳、満40歳。とうとう40代本格突入ですね♪

2004年だったかな?
ある番組の占い師さんに結婚は42くらいの方が良いとかいわれてたけど、
そろそろカウントダウンでしょうか。

そして今年はデビュー20周年!
4172320_50515061_1large.jpg
ジソッピ共々初々しい20歳ですね(≧▽≦)
(byスポーツソウル)
4172320_50515060_1large.jpg
実は日本でも撮影してたホニ。髪型が微妙。
なれてない感が初々しいですね。
いや〜りょうさんも可愛いわ^^

このあとあたりに「男3人女3人」とか出てたのかな?

で、私がホニに惚れたのが2004年。
4172320_50515102_1large.jpg
4172320_50515090_1large.jpgだからこのあたりの画像がたくさんある^m^
4172320_50515088_1large.jpg
お気に入りの、ビョンホン兄さんとのショット
4172320_50515100_1large.jpg
そして同じくお気に入りの「あいつはカッコよかった」撮影時のホニ。
4172320_50515096_1large.jpg
いや〜、やっぱこのあたりのホニがどストライクだわ〜(≧▽≦)
4172320_50515043_1large.jpg
ともに成長したジソッピとのプーケット旅行写真もお気に入り。
しばらく定期入れに入れてました(*´ω`*)
4172320_50515048_1large.jpg
20年経ち、ホニも大人になったのか誕生日だからといって
特にニュースにもでてなかったけど(探せなかっただけともいう^^;)
彼は俳優だから、きっと次回作について検討していることと思います。
20年経っても、いろいろなところからオファーの来る俳優さんになれててなにより。

これもひとえに本人の努力と良い人に巡り合えた結果だと思います〜。

次の20年後にはどんな渋い俳優さんになっているのか。
遠い日本から、地味に見守っていきたいと思います^m^

posted by のり〜ん at 10:38| ホノルル ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | スンホン君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

フライングタイガーのトート^m^

前回の日記で欲しがっていたこのトートバック
2closed.jpg

ふふふふ・・・

IMG_0206.JPG
無事にGETしたさー(≧▽≦)

なんと、これだけのために翌日に行きました(;´∀`)
しかも入荷したか事前電話確認までして!
そこまで欲しかったのかっ!


もうね。
この「毎日定休日なやる気のない表示」が今の私の気持ちにピッタリ!
・・・とか言ってたけど

そうまでして手に入れようとするなんて、我ながら・・・

むっちゃヤル気あるじゃないか!って感じ^^;

ついでに
IMG_0207.JPG何気にツボの鳥シリーズ。

なべ敷きに続き
お皿も購入してきました♪







いや〜、久々の都会連チャンでした

この日の心斎橋滞在時間10分だったけど( ̄▽ ̄)





posted by のり〜ん at 16:25| ホノルル ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

久々に心斎橋グルメ&ショッピング

スンホン映画でしか行くことのない心斎橋はアメリカ村界隈。

IMG_0174.jpgこちら若者の街となっておりま〜す( ̄▽ ̄)









せっかく来たので、
数年前から話題になってるお店に行ってみた。
(話題の最中は混んでて入れない)

まずはランチ。

映画館にほど近いオムライスで有名な〜北極星・・・はランチのオープン時間が
上映に間に合わなさそうだったのでちょい東にそれた〜

IMG_0177.jpg明治軒に行ってみました(^◇^)


コチラかなりの老舗でございます。
オープンと同時に入ったのだけど
オープンに合わせていってよかった!
すぐに満員になったからね〜(^_-)-☆







私は一番人気のオムライスと串カツのセット
IMG_0178.JPG












IMG_0180.JPGSさんはサラダセット(だったかな?)を、
頼みました〜♪

















IMG_0181.JPG味もくどくなくて美味しかった!

オムライスって、一つの味だから
(飽きて)全部食べられるか心配だったけど
ミニサイズがあって
最後まで美味しくいただけました!

さすが長い間愛されてきた
店だけありますなぁ(≧▽≦)

店員さんもキビキビしながらも
愛想よくて気持ちよい♪

お料理の写真撮っていい?の質問にも
快くOKくれたわ^m^

ガッツリ系はさっさと食べないと入らなくなるので大口開けて食べたら
なんと20分ほどで終了(*´▽`*)

てことで、映画館のビル内のスタバで
のんびりティブレイクして映画に挑めましたー(≧▽≦)

映画終了後、まだオムライスが消化せずに頑張ってくれていたので
次は、4年ほど前にオープンしたフライングタイガーに行くことに♪
IMG_0172.jpg












先日、「マツコの知らない世界」で出てきた

closed.jpgこのトートバッグが欲しかったの(≧▽≦)
見てコレ!
1週間毎日CLOSEDですよ?!ええわぁ〜
ウケるわぁ〜欲しいわぁ〜






店内入って!
勇んで探す!
トートバックを!!

2closed.jpgチーン(*´Д`)


聞いたら、週末で売り切れて
翌日再入荷の予定でした!
あぁこの1日が悲しい・・・(=_=)










なのでこの日は

IMG_0192.jpgペーパーナプキンと
1個100円なり〜







IMG_0197.jpgクリップと
300円?なり〜
(私は洗濯バサミとして使う)






IMG_0195.jpg鍋置きと
100円なり〜
安いっ!!(≧▽≦)



IMG_0196.jpgこの鳥の顔がシュール







IMG_0198.jpg
エコバッグ300円をお買い上げ〜(*´Д`)






「毎日休みのトート欲しかったわぁ」と
未練たらたらでお店を後にしました(;´∀`)

ショッピングの後は、〆のカフェでございます( *´艸`)

IMG_0171.jpgこんな心惹かれる看板もあったけど・・・








これまた2年ほど前にオープンした
IMG_0176.jpgワイハ発の〜












エッグスンシングスにやってきました(≧▽≦)



平日だったけど、まだ並んでると思ってたから驚いた!
なんとスッとはいれました〜(≧▽≦)
IMG_0175.jpgIMG_0182.JPGIMG_0183.jpg









お腹減ってないふたりだけど、エッグスンに入ったならやはり
パンケーキでしょうということで
コチラのブルーベリーとココナツのパンケーキをシェア(≧▽≦)
IMG_0188.JPG

















IMG_0189.JPG飲物はコナコーヒー♪









こちらも一気に食べないとムリだ!と思って
すんごい勢いでたべました〜。
美味しかったけど、今度は空腹の状態で行きたい!(*´Д`)

そういえば!
こちらの店員さんもすんごく感じ良くて、お料理の写真撮って良いか聞いたら
了承ついでにSさんとの記念写真も撮ってくれたのよ〜〜(≧▽≦)

並ばなくて良いなら、何度も行きたいお店です♪


Sさんと別れて、まっすぐ帰らずウロウロウロウロ。
やっぱトートの未練が私に買い物をさせるのね〜(*´Д`)

IMG_0199.jpg
てことでミニまな板購入。
この幅の欲しかった♪



















駅についたらまさかの夕立。ええ、豪雨です(;´∀`)

びしゃびしゃになったけど、止んだ後パーッと晴れて・・・

青空にキレイな虹が出たから勘弁しときました〜〜^m^
FullSizeRender (1).jpg























posted by のり〜ん at 07:00| ホノルル ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅・食・散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

「ミス・ワイフ」観てきました〜(≧▽≦)

ミス・ワイフ

観てきましたよ〜。心斎橋で(≧▽≦)

まずは、公式サイトのあらすじに沿って私の感想(チャチャ?!)を書いていきまぁす!

※ちょいちょいネタばれするんで、これから観る予定の方は
読まない方がいいですよ?^m^

IMG_0024.jpg




























続きを読む
posted by のり〜ん at 16:17| ホノルル ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | スンホン君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

テッズベーカリーのパイ(≧▽≦)

今年もPLAZAで売ってたハワイ「テッズベーカリー」のパイ
TEDSベーカリー.JPG
今回は〜

前回なかったグァバチーズパイと
グァバクリームパイ.JPG

前回もあったと思うけど初めて買ってみたマカダミアナッツクリームパイ
を選んでみた(≧▽≦)
マカダミアナッツクリームパイ (1).JPG
そういえば、ブルーベリーのやつはなかったなぁ・・・好きなのに(*´Д`)

ハーフ.JPGオットと半分わけ〜

マカダミアは、パイ生地の上に敷き詰めてあって結構な歯ごたえ。
ザックザクとした歯触りがちょっとクセになるカンジ(≧▽≦)

グァバは、ジュースで飲む方が好きだけど、あっさりしてました。
たぶんグァバだけなら丸々1個食べられたかも!

外国のケーキといえばあま〜いイメージだけど、ここのはパイ生地と
クリームが甘くないから非常に食べやすい♪
それでも最後の方はお腹がモタレ気味になるって・・・
年を感じるわぁ( ̄▽ ̄)


posted by のり〜ん at 07:00| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HAWAII | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

この★が目に入らぬかぁあああっ!


つい先日も楽しんだコチラ→のマークのあいつ

前回いけなかったYりんを誘ってまたまた行ってきました。
IMG_0152.JPG
とても堪能させてもらったのに、パーフェクトな美味しさだったのに、
この日の我々は全体的にダメでした(;^ω^)

IMG_0147.JPG
思えばお誘いのメールからダメ!


〜こないだ行けなかったアサヒのビアガーデン、もう行った?〜


ごめんね黄色いお星さま。あなたはサッポロ。私の大好きな
サッポロ黒ラベルのビアガーデンだと頭ではわかっているのに
この口がなぜか「アサヒ」とのたまうの。

集合してすぐ、「あれほど美味しいといいながら飲んでおいて
そこ間違う?」などとおしゃべりしながら、楽しく飲食♪

今回も安定の美味しさ♪
IMG_0146.JPG
何杯目かのお代わりを飲んだとき、Yりんが唸るように一言。

「やっぱりサントリー美味しいな!」

へっ?!Yりん間違ってる。
サントリーじゃないよ?サッポロだよ?

メールで私の間違いに気付いてくれたKちゃんも今回は気づかず!!

こんどは私が間違いを正してあげました( ̄▽ ̄)

「サ」は合ってたけど残念!ってね(≧▽≦)

お店全体でこんなにアピールしてるのに!!
IMG_0014.JPG
本当に失礼でごめんね。サッポロ黒ラベル(;'∀')

IMG_0149.JPG
〜心と口が一致しなくなってきた、2016。。。夏!〜

とかっ!

カッコつけて書いてもダメなものはダメ!( `ー´)ノ

・・・残念!!(*´Д`)

posted by のり〜ん at 07:00| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・食・散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月31日

心斎橋だけの情報だけど・・・(;´∀`)

大阪でも いよいよ公開!

「ミス・ワイフ」

9月3日からです〜^m^

で、放映時間の確認にサイトにいったら、こんな案内がでてました!

『ミス・ワイフ』ソン・スンホンの直筆サイン入りポスターが当たるキャンペーンが決定!

『ミス・ワイフ』公開記念 3週連続のご来場者プレゼントが決定しました!

どちらも、リピを促すキャンペーンですな(≧▽≦)

ポスターは半券2枚で応募可能(違う劇場でもOKだって( ̄▽ ̄))
プレゼントは1週ごとにポストカードか変わるってカンジ。
このポストカードは前売り特典のポストカードとは違うやつなのかね?
同じなら、ポストカード選んだ人なんか残念よねぇ(*´Д`)

ポストカードプレゼントが3週目までの案内をしているので、
最低3週間は
上映してくれそうですな。

私は今のところ1回しか予定してないの。
なんせこの夏は夏バテ半端なかったから、どうにも外出する気になれない(=_=)
けど、こんなん書かれたらココロ動くわぁ←思うツボな奴(≧▽≦)

行かれる方は、うっかり半券をなくさないようにお気をつけくださいm(__)m
posted by のり〜ん at 10:11| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スンホン君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

2016夏 帰省 〜新しいスマホカメラの性能を試す〜


今年も帰ってきました!
securedownload.jpg
ヒマワリもうなだれるほどの暑さの中(≧▽≦)

IMG_0119.jpg
成長
したJちゃんと
IMG_0118.jpg
お尻がもはやコーギー化したモーたんにあってきました!
sec33.jpg
モーたんは高齢と肥満でこの暑さが危険なので
最近はこの玄関あたりまでが行動範囲となったけれど
なぜか元気で幸せそう。

正面顔が撮れなかったけれど、常に笑顔です(≧▽≦)

secu44.jpg
Jちゃんは相変わらずのやんちゃ坊主。
女の子だけど男の子みたいなの〜
secured.jpg
でも抱っこさせてくれるのがウレシイ♪
secu.jpg
黒くてわかりずらいけど、
こんな感じで添い寝もしてくれるよ〜(≧▽≦)

基本、お墓参りとこまごましたことで日々を過ごしたのだけれど
隙間で観光的(?)なことをした部分をちょいと写真で紹介しまぁす♪


続きを読む
posted by のり〜ん at 11:31| ホノルル ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅・食・散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

ザ・パーフェクトビアガーデン2016OSAKA

サッポロ黒ラベルのビアガーデンが、東京と大阪で開催されている!
との情報を入手し、遅ればせながらいってきました(≧▽≦)
89AAB4B1-7275-4FCF-BBB4.jpg
場所はJR大阪駅 桜橋口から徒歩1分!(信号待ちしたら3分^m^)
C5EDAB93-CBD3-4CB3-9E67-AD0577F8C638.jpg
思ったよりこじんまりしてたけどなかなか居心地のよい空間でございます!
昼間っから!ってのがいいよね〜(≧▽≦)
3EB785CF-1543-4F57-ACBD-8503A2BCC650.jpg
飲食はチケット購入制。
ビールはココで入れてくれます!
04DF37C2-C168-430E-AC04-EC2DEB59C43B.jpg
大阪の運営は「ニューミュンヘン」なんで、
から揚げの美味しさは間違いなしよ〜(≧▽≦)
16BF7967-15F1-49B1-8719-FAC34EEF89E1.jpg
ネギタコポン酢。
なんと、メニュー画像↓よりも実物の方がたくさんタコが盛られてたw
キャッシュオンデリバリー制たから明朗会計♪
ph07999.jpg
いや〜(≧▽≦)

昼間っからの「呑み」はほんまに楽しかった〜

予定では、10月2日までしているそうなので、
それまでに再訪できればな♪とおもっています(≧▽≦)


posted by のり〜ん at 14:28| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・食・散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

最近読んだ本2

終戦記念日が近いからと言うわけではないのだけど
ハワイで検索していたら出てきたので思わず借りた2冊。






日本人が知らない「ニイハウ島事件」
ハワイのニイハウ島に真珠湾攻撃の時、
不時着したゼロ戦の兵士とそれを助けた日系人の悲劇。
詳しくはコチラで→★Wikipedia

その事件を題材とした牛島秀彦さんの著書。


その後、何のために検索したのか忘れたけれど、↓の「月夜の虹」は
必読的なことが書かれていたので借りてみた。

月夜の虹 -
月夜の虹 -
真珠湾に散ったはずの「軍神」が生きていた!
太平洋の要塞と化したハワイを舞台に、日米戦争の板挟みになった日系市民らに匿われた2人の「軍神」の対照的な生き方、死に方を精緻に描き、「日本人」の根を問い直す渾身の長篇小説。

実は「二人だけの戦争〜」の方、本を返却して題名を失念;;
しばらく探せなかったのだけど、「月夜の虹」の本文にヒントがあったため
検索して思い出せたのです。

ようよう見たら、作者が同じでした(^^ゞ

意外と知られていないハワイの戦争。
神風を信じて出撃する若者が哀しくて哀しくて・・・

こういう先祖のおかげで今の暮らしがあるわけだけれども
はたして我々はご先祖さまの想いに報いているのだろうか。

「海賊とよばれた男」を読んでも思ったのだけれど、報いることが
出来ていないのではないかと、読めば読むほど身の縮まる思いがするのです・・・

「月夜の虹」はオアフ島の土地の様子がありありとわかるから
違う意味でも興味深く読めました。
人間が馬鹿な戦争をしているときでも、ハワイの自然は、風は、
とても美しかったんだなぁ・・・





ホノカアボーイ (幻冬舎文庫) -
ホノカアボーイ (幻冬舎文庫) -


で、最後はコレ。
途端にライトな感じに思われたかもしれないけれど
ホノカアには日系のお年寄りがたくさん住んでるんです。
もちろん戦争の時は大変な思いをされたハズ!

だから、のほほんとした中にも、彼らの歴史が垣間見えて
人の年輪って言うんかなぁ、そんなものを感じる、なんか
読後余韻のある作品でした〜。

実は以前にも読んでいて、その時もレビュー書いてるんです^m^→★

その時は、映画より原作の方が好きだったみたいなんだけど
最近、映画を何度もリピート鑑賞して、映画のよさも感じたので
今は違うものとして好きかな?

映画も原作も、ここで暮らす日系の方の年輪は素晴らしいと感じましたね^^



posted by のり〜ん at 17:49| ホノルル ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読んでみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする