2018年04月21日

造幣局〜夜桜〜

大阪で「造幣局の八重桜」といえば超有名なスポット。
でもね、有名だけにむっちゃ混雑するイメージのある場所でもあるのよ。

私も遠い昔、ええ、小学校低学年の時に1度だけ行ったことがあるんだけど
大行列の印象しか残っていないという残念なおもひで。

行列・混雑嫌いなので、今まであえて避けていたのだけれども
前職おじ様たちとの集いが造幣局に決まったので嫌ともいえず( ̄▽ ̄)
腹をくくって行ってきたわ!

CIMG1062 (2).JPG
造幣局は、天満橋駅からこの橋を渡り川沿いに歩くのよ〜
夜景が綺麗(すでに行列だけど撮影する余裕アリ)

信号待ちの混雑が過去の嫌な記憶を蘇らせそうだったけど
なんとかクリア

造幣局の敷地に入りますよ〜(入場料:無料よ)
CIMG1064.JPG
人出は思ったほどではない。ホッ
私みたいな人が増えて、混雑も以前よりマシになったのかっ!?

最終日の1日前だったから散ってる桜もあったけど
まだまだ綺麗に咲いてる〜
CIMG1076.JPG
綺麗な桜には人が群がる^m^
造幣局は”通り抜け”なんで、昔は「立ち止まらずに歩いてください」って
アナウンスしてたらしいんだけど、運営側も無理!って悟ったのかな?
「順番に!撮影したら次の人に場所を譲ってください」に変わってたよ^m^

てか、光がこの↓
CIMG1088 (2).JPG
行燈だけだったから、思ったより暗い。

なので比較的明るい場所でたまたま満開してる桜には
人が押し寄せる
CIMG1070.JPG
手をあげて必死のパッチで撮る人々(私もそのひとり^m^)

文明の利器で桜を見やすくしてみる
CIMG1071 (2).JPG
かわいい八重桜やな〜〜(*´ω`*)

こちらが造幣局の建物
CIMG1081 (2).JPG
あ、「造幣博物館」やったんや!
CIMG1083 (2).JPG
じつはこの場所、実際は暗くて目立たなかったんだけど
「ここアングルええんちゃう?」と言いながら撮影して振り返ったら
ようさんの人がカメラ構えててギョッとしたで
私の声がでかくて、みんな、気づいたのかっ!?

ここからはお気に入りの画像
CIMG1078 (2).JPG
人が写りこんでたけど(暗すぎて気づかず)、お気に入りの1枚

で、もう1枚はコレ
CIMG1087 (2).JPG
風流やわ〜(≧▽≦)

造幣局は建物も雰囲気あるから見てて楽しいね。
CIMG1090 (2).JPG
天満橋駅からここまで、所要時間は小一時間くらいだったかな?
これくらいの人出なら、また来たいかも〜♪
40年来の負のイメージが解消した瞬間(≧▽≦)

この後は、迷いなくタクシーに乗り込み(歩かんよ〜)
天神橋筋商店街で呑み( ̄▽ ̄)
IMG_4983.jpg
9:30にはサクッとお開き。

こんなんが一番ラクでええね〜







posted by のり〜ん at 07:00| ホノルル ☁| Comment(1) | 旅・食・散歩・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

もうひとつのワンダー

もうひとつのワンダー
もうひとつのワンダー

以前にレビューした「ワンダー」のスピンオフ。

本編ではいじめっ子として描かれたジュリアンをはじめとする
三人にスポットをあてたお話。

ジュリアンのお話、泣いたわ〜。
あと二つの話も、それぞれにそれぞれのドラマがあるってのを
しみじみ感じ入りました。

読んでもらいたいので感想はこんだけ、ということで^m^


posted by のり〜ん at 07:00| ホノルル ☁| Comment(2) | 本を読んでみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

体調不良だから・・・?

岡本真夜的アスファルトに咲く花を激写!
IMG_5003.jpg

ええ、この子と目があったから。カワイイ
IMG_5003 (2).jpg
私、そうとう弱っとるなぁ・・・( ̄▽ ̄)


ちなみにこんなんも撮ってました。
IMG_4999 (2).jpg
つつじ!
今年は全体的に2週間はやいよね〜〜!!

つつじにも異様に接近!
IMG_5001 (2).jpg
中心の模様って・・・

IMG_5002 (2).jpg
濃いピンクにもあってんねぇ・・・

体調不良を花に癒してもらう五十路( ̄▽ ̄)
そろそろ「空が青くてありがとう」って言いだします







posted by のり〜ん at 16:15| ホノルル ☁| Comment(2) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

坂口憲二シート、なんとか敷けました!

今年は開花が早く(食あたりもあり)、
いつものメンバーとの花見は残念ながら逃してしまいましたが

たまたま休みになったオットを道ずれに
ちょっとだけ花見をしておりました(≧▽≦)
忘れずカメラと坂口憲二シートを持って・・・
IMG_4944.jpg
この日は風もあり、さくら舞い散る良いお日和
CIMG1022 (2).JPG
青空も出て、桜も綺麗♪
CIMG1010 (2).JPG


近所のスーパーでお弁当を買い(私は鯛めし弁当)
CIMG1019 (2).JPG

もちろんビールとやるよね〜(≧▽≦)
CIMG1024.JPG
花ごと落ちてきた桜をモデルに撮影

酔っ払いのオヤジよろしく桜とビールで記念撮影
CIMG1015 (2).JPG
ポーチが桜柄に変わるほどの桜吹雪♪
CIMG1043.JPG
うれしがって桜をイヤリング風にしてみる
そしてそれを撮影させられるオット
CIMG1044 (2).JPG
オットは桜の下で昼寝〜♪極楽、極楽(*´ω`*)
CIMG1058 (2).JPG
無防備に寝ていたら、もちろんイタズラされるよね〜
IMG_4952.jpg
まだ若い葉の桜
CIMG1059.JPG
桜のじゅうたん、うまく撮れなかったわ
CIMG1055.JPG
平和な昼下がりにホッコリ
CIMG1051.JPG

CIMG1050.JPG

ちょうどこの頃、坂口憲二さんの病気のニュースが流れてました。
CIMG1020 (2).JPG私はこのシートずっと使うから!
(そうとう劣化してきたけど)使い続けるから!
自分らしく生きてください。
ずっと覚えてるからね!!
posted by のり〜ん at 07:00| ホノルル ☁| Comment(2) | 旅・食・散歩・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

葉サンショウ(木の芽)は主婦の味方


昨年買った葉サンショウの植木。350円。
IMG_4844.jpg
高層階効果か、アゲハ蝶に卵を産み付けられることもなく
スクスク成長し食べごろに・・・

この木の芽、ちょっと添えるだけでお料理が5割増しで
美味しく見えます( ̄▽ ̄)

ただのこんにゃくピリ辛が・・・
IMG_4936.jpg

なんだか素敵な和食風に♪
IMG_4937.jpg

ただの豚バラ大根が・・・
IMG_4938.jpg
ちょっとしたお料理に♪
IMG_4939.jpg
大変身(≧▽≦)

みなさんもご家庭に一鉢いかが?

・・・って、話を〆めようかとおもっていた、そんな折・・・


わたくし、残念な「食あたり」になってしまいまして(;´∀`)
もうね、大変な弱りっぷり・・・
8日の花見も欠席、明後日の宴も欠席するという;;


そんな時でも夫の食事は作らないといけないので、
しんどい時の一品として便利な玉子豆腐に載せようと、
木の芽を収穫する際になんとなく効能を調べてみたら

なんと!

木の芽は、胃腸の機能を高める効果があるということが分かりましたっ!
今まさに私が食べるべきものやん!!

ということで、みじん切りするのも面倒くさいので、
ちっちゃい葉を手でちぎりスープに投入。
とにかく毎日ちょつとずつ摂取しております(現在進行形)

さらにリラックス効果もあるらしいので
育ち過ぎたと思われる部分は、お風呂に入れてみました( ̄▽ ̄)

こんなに活用出来るだなんて・・・
350円、よい買い物でございました♪

やはり

皆さんもご家庭に一鉢いかが?(≧▽≦)


posted by のり〜ん at 15:14| ホノルル ☁| Comment(0) | スンホン君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

エイプリルフールじゃないの


5月23日のホニイベント。
IMG_4941.jpg

そう、尼崎のアルカイックホールね〜

私もなんとか行けそうです^m^
ありがたや〜ありがたや〜

ジウ姫も結婚し、ホニも運命の42歳(”かぞえ”ね)
まさかの結婚発表はさすがにないだろうけど。
(破局したとこだしね^^;)

今回のイベントの出し物はどんなとこなんですかね?

遠くから見守り過ぎてホニ情報まったく把握できてないけど
まっさらな気持ちで挑んでくるわ?
(ちょっとは努力せい!って?^m^)

やっぱエイプリルフールにあげる日記じゃないな( ̄▽ ̄)
ほんとに行くから〜信じて〜(*‘∀‘)

posted by のり〜ん at 18:00| ホノルル ☁| Comment(2) | スンホン君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

夜桜のはずが・・・

例年にない速さで桜が見ごろになったので、
取り急ぎ近所の友人たちと夜桜を計画したのだけれど・・・

急激な気温の低下心が折れ、
桜並木前のおしゃれカフェ風居酒屋での
「呑み」に変更しました^^;
IMG_4900.jpg
頑張れたらこのテラスで始める・・・?(桜も見える)

寒さに負けてあっさりと店内を選択( ̄▽ ̄)
IMG_4909.jpgかわいい店内。まるで雑貨屋のよう

ネイティブアメリカンのテイストもある不思議な空間
IMG_4906.jpg

おしゃれカフェ居酒屋の風貌から味には期待していなかったが
IMG_4907.jpgIMG_4911.jpg
まさかの美味!!(プチトマトまでもが甘かった)

つきだしがコレですよ?(なかなかホタルイカは出せないよね)
IMG_4901.jpg

てことで、この店ならお造りもおいしいかも!?とたのんでみた
IMG_4903.jpg
予想通りの美味しさ!なんと小皿は富士山(≧▽≦)

そう、こちら器もとても凝ってました
IMG_4912.jpg
IMG_4913.jpg
クリームチーズとドライフルーツも絶品!

メニューにも遊び心が!
IMG_4915.jpg
この、「なんか日本酒のあて」を日本酒飲んでないくせに頼む
IMG_4914.jpg
これも美味しかったのよ〜〜まさかの穴場店だ!

IMG_4917.jpg
お値段は普通よりちょいお高めだったけど、
このクオリティなら納得!でございました(≧▽≦)

機嫌よく店をでて目の前の夜桜を撮影
IMG_4919.jpg
満月との競演♪

今年は、もともと計画している花見が時期を外しそうなので(予測失敗)

友達から続々送られてくる桜を堪能してます(*´ω`*)

てことで、ここでも紹介

3月31日の桜

エントリーナンバー1番!(なんのエントリー?)

友だちの近所の桜並木
IMG_4930.jpg
IMG_4931.jpg
IMG_4932.jpg
まさに見頃ですね〜^m^

エントリーナンバー2番!

京都府八幡市 背割堤の桜(名所だって)
IMG_4934.jpg


エントリーナンバー3番!

友だちの近所の桜。題して「桜とこいのぼり」
IMG_4935.jpg

桜はやっぱりいいね〜〜(≧▽≦)
雨降ったら掃除大変やけどな

私の花見本番は8日;;;天気予報も怪しくなってきた(;´∀`)
桜の下でビール飲むぞー!


posted by のり〜ん at 21:03| ホノルル ☁| Comment(0) | 旅・食・散歩・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

たかのてるこさんの旅行記いっき読み(その1)

昔、長澤まさみちゃん主演でテレビ放映されたことのある
ガンジス河でバタフライの著者、たかのてるこさんのことを
なぜかふと思い出した。

「ガンジス河」時代はOLをしながら休暇を取って旅行をしていたけど
数年前に彼女はフリーの「旅人」になったはず!
ということで、検索して読んでいないであろうものを借りてみた。

これはすでに読んでた気がしていたのだが、読んでみて間違いに気づきました。
まったく読んでなかったわ〜( ̄▽ ̄)
会社をやめて「旅人」になるきっかけになった旅行記。
ジプシーすごいわ。ジプシーの生き方に触れたらなんでもいけるかも?って
思うのも分かる気がする。
非常に国民性(?)(民族性というのか?)の違いをまざまざと感じる1冊。


こちら、シリーズもの(?)だったので2冊連続で読破。
「ガンジス河」時代には面白くてパワフルな女性の印象が
強かったけれど、この旅行記と↓のエッセイをよんで、たかのさんの
違う一面を垣間見させていただきました。
読後の余韻が半端ないヨーロッパ旅行編!
もう「てるこ」はディビットとは再会出来ないのかな〜
(読んでなかったらなんのことやら!なつぶやき(≧▽≦))
昔、今は亡き仕事場の仲良しオヤジに
「のり〜んって雰囲気が"たかのてるこ"に似てるよな」って言われたことがあるんだけど
今回読んで、自分でも「なんか同じ匂いがする」と思ったわぁ。


淀川でバタフライ (講談社文庫) -
淀川でバタフライ (講談社文庫) -
こちらは旅行記ではなくてエッセイ。
ガンジス河でバタフライするまえに淀川でバタフライしていた
高校時代のエピソードを始めとするオモシロ話&良い話が詰まった1冊。

てるこ、深い・・・

それで、以前読んだけどもう一回読もうと思った「てるこ本」と、
まだ読んでない「てるこ本」を追加で予約しました。
そしてまた、日記にあげるにちがいない・・・。
コノ日記ハ、備忘録トシテトテモ優レテイマス
(カタコト風に( ̄▽ ̄))
posted by のり〜ん at 07:00| ホノルル ☀| Comment(0) | 本を読んでみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

美味しかったおみや


IMG_4816.jpg
米粉をまぶしてあげたマカロニチップス!
これがイケるのよ〜(ビールに合い過ぎ(≧▽≦))
写真撮るまえに爆喰いし、かろうじて残った部分を撮影。
おいしゅうございました^m^


IMG_4798.jpg
このお菓子の名まえ、なんだったかな?
東京のグランドキオスクにあるらしい〜
友達と「東京のお土産は洒落とるな( ̄▽ ̄)」と話し合ったコレは・・・
分からない(;´Д`)
ウェハースみたいなのがチョココーティングされてるの。
甘さ控えめでとってもおいしゅうございました^m^


私のことを考えて、選んでくれたり購入してくれて
ホンにありがとうございますm(__)m
posted by のり〜ん at 07:00| ホノルル ☀| Comment(0) | 感謝のおみやげ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

春を撮影( ̄▽ ̄)


本殿の神紋も桜!(やまざくら)
IMG_4237.jpg

本殿からみた桜
IMG_4862.jpg
八分咲きってとこでしょうか。
IMG_4865.jpg
この白い花の名前は何ていうの・・・?
IMG_4867.jpg
チューリップとのコラボ
IMG_4870.jpg
綺麗な赤でした
IMG_4872.jpg
ハトも恋の季節(奥のヤツがカメラ目線( ̄▽ ̄))
IMG_4869.jpg
これはマーガレットか?
IMG_4873.jpg
花の饗宴
IMG_4880.jpg
チューリップも満開!
IMG_4875.jpg

生命力感じるわ〜(*´Д`*)
posted by のり〜ん at 15:58| ホノルル ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

大阪の満開は、、、

3月31日と聞いたけど、、、
5EF6AF12-0E54-4A71-8C18-A368651135C4.jpg
もうほとんど満開。

週末はまだ間に合うけど、第2週は散ってるかもだね〜〜
花見は第2週に設定してるけどなT^T
posted by のり〜ん at 16:52| ホノルル ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

中国に勝つ日本の大戦略

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う -
中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う -


私が長年、政治経済のバイブルにさせていただいている
北野幸伯さんの新刊。

最近、森友問題とかで安倍首相が窮地に立っておりますが
もし安倍さんが失脚したら、
実は非常に危険な網渡りをしている日本はどうなってしまうんだろう。
と、連日のニュースをみてうすら寒い想いをしております。
(森友問題も大事だけど、国ありきの国内問題でしょ?)

なぜ安倍さんが失脚したらえらいことなのか、この本を読むとわかります。

買うのがアレだったら、メルマガを読むだけでも!
安倍さんが失脚するとこんな困った状況になる!ということを
書いているメルマガNO1725号を↓に貼っときます。

長いけど、読んでみてね( ̄▽ ̄)



★安倍総理続投が日本の国益、辞めれば習近平が大喜びする理由


北野です。

森友問題で、安倍内閣の支持率が急落しているのですね。

森友は、大問題ではあります。

しかし、それでも私は、「安倍総理続投が日本の国益」と確信
しています。


その理由、「ダイヤモンドオンライン2017年8月号」に書きまし
た。

当時から、状況はほとんど変わっていません。

かなり長いですが、日本の未来を憂う人は、是非ともご一読く
ださい。


(ここから)



<安倍内閣の支持率が急落している。

毎日新聞が行った調査によると、支持率はなんと26%。

これらの結果を受け、「安倍内閣はもうダメだ」「危険水域に
入った」といった声があふれている。

しかし筆者は、安倍総理続投が日本の国益であると考えている。

(国際関係アナリスト/北野幸伯)



▼すべてに優先すべき安全保障分野で
安倍総理は成果を出してきた


雲行きが怪しくなってきた安倍内閣。

理由は、詳述するまでもなく「森友、加計問題」「稲田問題」
などだ。

産経新聞・FNNが7月22日、23日に実施した世論調査による
と、内閣支持率は34.7%。5月の56.1%から21.4ポイントも減
少した。

毎日新聞が同日行った調査によると、支持率はなんと26%。

これらの結果を受け、「安倍内閣はもうダメだ」「危険水域
に入った」といった声があふれている。


しかし、筆者はバッシングされることを覚悟して言おう。

「安倍総理続投が、日本の国益である」と。


はじめに断っておくが、筆者は「安倍信者」ではない。

現政権の政策に同意できないことは、たくさんある。

たとえば、「消費税引き上げ」「3K外国人労働者大量受け入
れ」「残業代ゼロ法案」など。


では、なぜ「安倍続投が国益」と思うのか?

理由は単純で、「安倍総理が、ちゃんと国を守っている」か
らだ。

つまり、「安全保障分野」をうまくこなしている。

これまでも再三述べてきたように、「安全保障」は「国民の
命を守る分野」で、「経済」(金儲け)よりも遥かに大事だ。

国にとって「最重要分野」といえる。


日本の「安全保障」といえば、真っ先に思い浮かぶのは自衛
隊だろう。

外国の侵略を防ぐのは、彼らの役割だ。

しかし、その前段階で、そもそも戦争が起こらないように、
外国との関係を調整する不断の努力が続けられていることを
忘れてはならない。

それをするのが、「外交」である。



▼民主党政権の「悲惨」な外交
日本は国際的に孤立した


安倍外交について話す前に、「それ以前はどうだったのか」に
ついて触れておこう。

安倍自民党政権の前、民主党の総理が3人続いた。

すなわち、鳩山、菅、野田だ。

2008年9月、リーマンショックが勃発し、世界は「100年に1度
の大不況」に突入していく。

この危機が「米国発」だったことから、「米国一極世界は崩
壊した」と言われた。


一方、中国は浮上した。

この国のGDP成長率は、世界経済が最悪だった09年ですら
9.2%をマーク。

その後も、10年10.61%、11年9.5%と成長を続け、大不況の
影響をまったく受けていないように見えた。


世界におけるパワーバランスの変化(=米国は沈み、中国が
浮上)は、日本の政治にも大きな影響を与えた。

具体的にいうと、親米政党の自民党が沈み、親中政党の民主
党が浮上したのだ。


09年6月、鳩山内閣が誕生する。鳩山氏は、普天間飛行場の
移転先について、「最低でも県外」とし、日米関係を悪化さ
せた。

その一方で、露骨に中国への接近を図った。

小沢一郎幹事長(当時)は09年12月、北京で「私は、人民解
放軍の野戦軍司令官だ」と宣言している。

つまり、小鳩外交の本質は、「米国との関係を破壊し、中国
に乗り換えて従属すること」だった。

(本人たちは、「日本の真の自立を目指す」などといってい
るが)


幸い、鳩山内閣は10年6月で終わった。

しかし、日本国の試練は続く。

10年9月、「尖閣中国漁船衝突事件」が起こった。

どう見ても中国が悪いのだが、この国は「逆ギレ」し、日本に
過酷な制裁を課した。

12年9月、野田内閣は尖閣諸島を国有化。筆者は、もちろん「
国有化」を支持するが、結果として日中関係は「戦後最悪」に
なってしまった。

そればかりではない。ロシアのメドベージェフ首相は12年7月、
北方領土を訪問し、日本国民を激怒させた。

さらに韓国の李大統領(当時)は同年8月、竹島に上陸。

「日王が韓国に来たければ謝罪せよ!」と天皇を侮辱し、日韓
関係は、これも「戦後最悪」になってしまう。

安倍内閣の前に3人続いた「民主党内閣」の外交を総括すると、
以下のような内容になる。


民主党政権は極めて短期間で、米国、中国、ロシア、韓国と
の関係をボロボロにした。

その結果、日本は国際的に孤立した。



▼中国の罠にはまった
「右翼」の安倍総理


野田内閣による「尖閣国有化」に衝撃を受けた中国は、
「日本と戦うこと」を決意する。

ここで、この連載でも過去、再三触れた話を、今いち
ど確認しておこう。

12年11月、中国の代表団がモスクワを訪れた。

そこで、ロシアと韓国に、「反日統一共同戦線」をつ
くることを提案した。

この戦略の骨子は、以下のとおりである。


1.中国、ロシア、韓国で、「反日統一共同戦線」をつくるこ
と。

2.中ロ韓は、一体化して、「日本の領土要求」を断念させる。

3.日本に断念させるべき領土は、「北方4島」「竹島」、そ
して「沖縄」である。

(中国の代表団は、「日本に、沖縄の領有権はない」と断言
している。)



4.「反日統一共同戦線」には、米国も引き入れなければなら
ない。


はじめて筆者の記事を読まれた方は、「トンデモ系」「陰謀
論」と思われたことだろう。

そう思われた方は、いますぐ証拠を、熟読してほしい。↓
https://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2012_11_15/94728921/

中ロ韓は、「領土問題」で結びついている。しかし、日本と
領土問題のない米国を、どうやって「反日戦線」に引き入れ
るというのか?

それは、「プロパガンダ」によってである。

当時、中国と韓国は、「日本は右傾化している」「再び軍国
主義化している」「歴史修正主義が強まっている」と大々的
にプロパガンダしはじめた。

韓国は、「慰安婦問題」を蒸し返すことで、「反日世論形成」
に大きな役割を果たした。

さて、12年12月、総理に返り咲いた安倍氏は、最初から安全
保障政策で優れた手腕を発揮していたわけではなかった、

むしろ当初は、「日本の右傾化」プロパガンダを繰り返して
いた中国にとって、「大変都合のいいキャラ」だった。

安倍総理は過去、「東京裁判は勝者の断罪」「侵略の定義は
定まっていない」などと発言している。

つまり、東京裁判史観をつくった米国からみると、はっきり
と「歴史修正主義者」なのだ。

そのため、リベラルなオバマ大統領(当時)は当初、「右翼」
の安倍氏を嫌い、習近平を重視した。



▼オバマを感動させた
安倍総理「希望の演説」


そして、安倍総理に大きな試練が訪れる。

そう、13年12月の「靖国参拝」だ。

これについて多くの人は、「反対したのは、中国、韓国だけだ
った」と信じているだろう。

しかし、13年12月の参拝については、それは事実とはいえない。

実際は中韓に加え、米国、イギリス、ドイツ、EU、ロシア、オ
ーストラリア、シンガポール、そして親日の台湾までもが「靖
国参拝」を非難した。

ここで詳細には触れないが、「ウソだ」と思う方は、こちらの
記事をご一読いただきたい。↓
http://diamond.jp/articles/-/53201

安倍総理は世界的に孤立した。

しかし総理は、プーチンに救われる。

具体的にいうと、ロシアが14年3月、クリミアを併合したこ
とで、結果的に助かったのだ。

オバマは、日本を「対ロシア制裁」に引き入れざるを得な
くなった。

それで、「靖国のことは忘れよう」となったのだ。

しかし、安倍総理は単にラッキーに乗っかっただけではない。

「靖国バッシング」から、しっかり教訓を得たようで以後、
欧米から警戒されるような言動は減っていった。


そして、もう1つ、大きな転機が訪れる。

それが、「AIIB事件」だ。

15年3月、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スイス、
オーストラリア、イスラエル、韓国などが、「中国主導」の
「AIIB」に参加することを決めた。

ポイントは、これら親米国家群が、「米国の制止を無視して」
AIIBへの参加を決めたこと。

これは、「米国の没落」を象徴する歴史的大事件であり、オ
バマの衝撃は大きかった。

しかし、安倍日本は、AIIBに参加しなかった。

そして、同年4月29日、安倍総理は訪米。

上下両院合同会議で、いわゆる「希望の同盟演説」を行う。



<米国が世界に与える最良の資産、それは、昔も、今も、将来
も、希望であった、希望である、希望でなくてはなりません。

米国国民を代表する皆様。

私たちの同盟を、「希望の同盟」と呼びましょう。

米国と日本、力を合わせ、世界をもっとはるかに良い場所にし
ていこうではありませんか。

希望の同盟──。

一緒でなら、きっとできます。>



オバマは、この演説に感動し、「歴史的訪問に感謝する。

日米関係がこれほど強固だったことはなかった」とツイー
トした。

AIIB事件で、ほとんどの「親米国家」に裏切られたオ
バマにとって、安倍総理の訪米と演説は、「救い」だった
だろう。

彼は以後、「南シナ海埋め立て」を問題視しはじめ、中国
との対決姿勢を強めていく。



▼ロシア、韓国とも関係を改善して
中国の戦略を無力化させた安倍総理


安倍総理の「希望の同盟演説」について、「属国演説だ」と批
判する人もいた。

しかし、それは「皮相的な批判」である。

先に述べたように、「反日統一共同戦線」構築を目指す中国の
戦略は、「米国、ロシア、韓国と組んで日本を叩きつぶすこと
」。

そうであるなら、日本の戦略は、「米国、ロシア、韓国との関
係を強化し、中国の戦略を無力化させること」となるだろう。

安倍総理は、まさにそれをやっているのだ。



16年12月、プーチンが訪日し、日ロ関係は劇的に改善された。

「北方領土問題で進展なし」と批判する人も多いが、この訪
問の「戦略的意義」はなんだろうか?

尖閣有事」が起こるとすれば、4つのパターンがあり得る。


1つ目は、「日米vs中国」。

これは、日米の必勝パターンだ。

だから、日本は、常にこのパターンになるよう、日米関係
を強固に維持する必要がある。


2つ目は、「日本vs中国」。

このパターンでは、日本が勝つのは難しいだろう。

通常兵器での戦いには勝てても、むこうは「核で恫喝する」こ
とができる。


3つ目は、「日米vs中国・ロシア」。

このパターンでは五分五分。

どちらが勝つかわからない。


4つ目は、「日本vs中国・ロシア」。

これは、日本の「必敗パターン」である。

日本は、「尖閣有事」の際、ロシアが中国側に立って戦わな
いよう、ロシアとの関係を強化しておく必要があるのだ。

韓国との「慰安婦合意」(15年12月)についても、総理を批
判する人は多い。

しかし、「中国の戦略を無力化する」ために、「慰安婦合意
」は意味があった。

(大方の予想どおり、文在寅新大統領は、ゴネているが)

いずれにしても安倍氏は、日本の総理としては珍しく、「大
戦略」を持っている。

ちなみに、「世界最高の戦略家」と呼ばれるルトワック氏は、
最新刊「戦争にチャンスを与えよ」(文春新書)の中で、安
倍氏について、


「まれに見る戦略家」


と高く評価している。(63p)



▼「自立外交」を実践できた
安倍総理は希有な存在


筆者は常々、「日本は、米幕府の天領である」と書いている。

そして、「日本の自立」を夢見ながら、日々活動している。

数年前まで、それは「いつ叶うかわからない妄想」に思えた。

しかし気がついて見れば、安倍総理は「自立外交」をはじめ
ていたのだ。

たとえば安倍総理は、オバマの反対を押し切って、プーチン・
ロシアとの和解に踏み切った。

これは、明らかに「自立外交」である。

しかし問題は、その後だ。

米国の意向に逆らえば、田中角栄や小沢一郎のように、つぶされ
るはずではなかったか?

ところが、である。総理とオバマの関係は、日ロ関係が改善して
いくにも関わらず、良好だったのだ。

安倍総理は、オバマの後を引き継いだトランプ大統領とも、緊密
な関係を維持している。

そのトランプ氏は6月、「パリ協定離脱」を宣言し、世界的に孤
立した。

日本は、トランプの決定に追随しなかった。

にも関わらず、トランプとの関係は壊れていない。

安倍氏は、「米国の意向に逆らいながらも、同国との関係を良
好に維持することができる」という能力を持った、戦後初、ひ
ょっとしたら史上初の総理大臣である。



▼安倍総理が辞任すれば
大喜びするのは習近平


「自立」とは何だろうか?

「7つの習慣」のコヴィー博士によると、「自分で決断するこ
と」だという。

今まで、日本の総理は「自分」で決断せず、「他人」(米国)
の決断に従っていた。

だから、「属国」だったのだ。

ところが、これまで見てきたように、安倍総理は「自分」で
決断し、なおかつ米国と良い関係を維持している。

これは、日本が米国への「依存状態」から脱却しつつある証
拠だ。

これまでの安倍外交の結果は、どうなのだろうか?

まとめてみよう。

(1)中国は、米国、ロシア、韓国と共に「反日統一共同戦線」
をつくることで、日本をつぶそうとしている。

しかし、安倍総理は、米国、ロシア、韓国との関係を強化する
ことで、中国の戦略を無力化することに成功している。


(2)さらに、日本は、インド、欧州、東南アジア諸国、オー
ストラリアなどとも良好な関係を維持。

国際世論を味方にすることで、中国が侵略に動けない状態を作
り出している。


(3)そして、安倍総理は、米国の意向に逆らってロシアとの
関係改善に取り組み、なおも米国との関係を悪化させないとい
う奇跡的な「自立外交」を展開している。



いかがだろうか?

「森友」「加計」「稲田」問題は、確かに重要である。

しかし、今、総理が辞任すれば、喜ぶのは誰なのか?

もちろん、「反日統一共同戦線戦略」を無力化され、追いつめ
られている習近平だろう。

だから、「安倍総理続投が日本の国益」なのだ。>


(ここまで)


いかがでしょうか?

2017年8月の記事で、「稲田問題」とか懐かしい言葉もでて
います。

しかし、大筋は変わっていません。

この記事を読まれ、「その通りだな」と思われた方、

(日本国のために)拡散していただけるとうれしいです。                          



「その通りだな」と思ったから、日記に載せました^m^


posted by のり〜ん at 07:00| ホノルル ☁| Comment(0) | 本を読んでみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

日本デビューは6月やった(;´∀`)


ちょっと前にこんな日記を書いたのだけれど
→いよいよ日本デビュー!!

間違えてた(;´∀`)

友達の息子チャンが所属する
韓国ボーイズグループONF

この3月12日にあったのは日本デビューイベントではなく

1stファンミーティングでした(;^ω^)
r.jpg
新人ボーイズグループONF、日本1stファンミーティング大成功!
ファンに2018年夏の日本デビューを発表

「夏の日本デビュー」だって(;´∀`)
おばちゃん先走っちゃったわ;;;

友達の息子ユウト君はおばちゃんに優しい。
r22.jpg
必ず帽子を被ってるので、見つけやすくて助かるわ〜
r333.jpg
たぶんそういう意図ではないと思うけど^m^
自分色を主張しているのは確かじゃないかしら〜

デビューは夏です!
是非、Mステにでてタモさんとお話して欲しい〜
その時メインでしゃべるのはきっと、
日本語ペラペラ(当たり前)である、日本人のユウト君よ〜(≧▽≦)

楽しみにしてる( ^)o(^ )






posted by のり〜ん at 07:00| ホノルル ☀| Comment(0) | 韓国のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

CMで目につくから・・・

飲んでみた( ̄▽ ̄)


本麒麟
IMG_4806.jpg
CMでは力強いうまさとコクを推してたけど
私が感じたのは「飲みやすさ」アレ?

感想の質が違うけど、美味しかったからええか( ̄▽ ̄)
posted by のり〜ん at 07:00| ホノルル ☁| Comment(0) | アルコール飲んでます(≧▽≦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

スピもの3冊

まずは荻原規子さんの小説2冊
エチュード春一番 第一曲 小犬のプレリュード (講談社タイガ) -
エチュード春一番 第一曲 小犬のプレリュード (講談社タイガ) -
エチュード春一番 第二曲 三日月のボレロ (講談社タイガ) -
エチュード春一番 第二曲 三日月のボレロ (講談社タイガ) -
荻原さんは、日本のファンタジーってうのかな?そういう感じの物語を
よく書いているイメージがあります。
これはスピリチュアルに推理要素がちょっぴりプラスって感じかな?
神様が犬のパピヨンの姿になって登場するのがツボで第二曲まで借りました(≧▽≦)
さくさく読めて楽しい♪
あれ?エチュードとか第〇曲とか音楽風の題名だけど、
主人公はじめ登場人物は特に音楽に関係なかったぞ?
なんで音楽的題名?いまごろ気づくこの謎。

は〜い、また借りてみました( ̄▽ ̄)
神社仏閣 パワースポットで神さまとコンタクトしてきました (ひっそりとスピリチュアルしていますPart2) -
神社仏閣 パワースポットで神さまとコンタクトしてきました
(ひっそりとスピリチュアルしていますPart2) -
桜井識子さんのスピリチュアル本

識子さんシリーズ、これはパート2なので、
とりあえずパート1を借りられたらもう読まなくていいかな〜^^
彼女の本は予約待ちばかりなので(大人気)奇跡的に「予約可」になってたらの話
私は前回読んだ「運玉」のほうが好きです。
posted by のり〜ん at 07:00| ホノルル ☁| Comment(0) | 本を読んでみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

おみやビール

小樽麦酒アンバーエール
IMG_4627.jpg
小樽麦酒ピルスナー
IMG_4626.jpg
有機麦芽だって!
有機の味がする!とは実感できなかったけど(;´∀`)
有機関係なくとても後味スッキリで美味しい!
ピルスナーの方が女性ウケするかな?
私は苦味のあるアーバンエールも好きですが( ̄▽ ̄)


東京ブラック
IMG_4628.jpg
ハーフ&ハーフ好きの私のために買ってきてくれたのか?
もったいなくてそのまま飲んだけど。
黒だけど飲みやすい^m^
ほどよくコーヒーっぽさもあったわ。

最近は全国津々浦々のクラフトビールが買いやすくなったね〜
こうやってたまに味見できるのは嬉しい♪
posted by のり〜ん at 07:00| ホノルル ☁| Comment(0) | 感謝のおみやげ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

ハワイ島もの4冊

へなしゅんさんのハワイ本。
ハワイ島は行ったことないし、行く予定もないので購入してないの
(へなさんには言えない)
でもハワイ島行きたいのよね〜〜〜(;´∀`)
てことでふと思いついて借りてみました。
ゆる〜いへなしゅん節炸裂の一冊!

アロハ魂 (幻冬舎文庫) -
アロハ魂 (幻冬舎文庫) -
小林聡美さんのエッセイ。
へなさんのガイド本のおかげで位置関係が把握できて2倍楽しめたかも(≧▽≦)
私がひそかにチェックしているワイピオ渓谷のくだりが結構多くて
読んでて楽しかったわ♪(私もハブラシ君(犬)に会いたい!)

サウスポイント -
サウスポイント -
よしもとばななさんの小説。
よしもとばななさんの小説は私にはちとナイーブすぎて苦手なんだけど
(そのわりには結構読んでるけどな( ̄▽ ̄))
これはほどよく共感。読後感が爽やかでした♪
こちらもへなさんのガイド本のおかげで、空気感を掴みやすかった!
(読む順番、成功!)

ゆめみるハワイ (幻冬舎文庫) -
ゆめみるハワイ (幻冬舎文庫) -
おなじく、よしもとばななさんの〜こちらはエッセイ。
これはハワイ島だけではないのだけれど、こういった体験から
ああいう小説が生まれるんだろうなぁと思いを馳せることができる1冊。
この方もそうとうなハワイ好きと見受けられる^m^


図書館の人に「こいつむっちゃハワイ好き」ってバレたな(;^ω^)
posted by のり〜ん at 07:00| ホノルル ☁| Comment(0) | 本を読んでみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

2018年「梅見」

先日、北野天満宮にある親友Yoh♪ちゃんのお店
「のかぜ」に行きがてら
CIMG0905.JPG
梅を見に行ってきた♪
CIMG0906.JPG
3年前に行った時は少し早かったので今回はリベンジ!
みごと「見頃」でございました〜

入っていきなり結婚式に遭遇!!

こりゃ縁起がいいね〜♪
CIMG0907 (2).JPG
関係ない多くの人からお祝いの言葉を受けるふたり〜
CIMG0908 (2).JPGおめでとうございます。

花嫁行列を見たのち、我々は花見湯を頂きその後「梅見」へ

ですが・・・

CIMG0925.JPG
途端に曇天(;´∀`)空が白く写る〜;;;
CIMG0940.JPG
満開だけどなかなか綺麗に撮れない;;
CIMG0947 (2).JPG
でも満開で綺麗〜
CIMG0928.JPG
御土居も梅が咲いてた。(降りなかったけど)
CIMG0958 (2).JPG

3年前に発見した「の」の字の枝と
P1050687 (2).JPG(三年前の画像)

ハートの枝は見つからず・・・残念!!
P1050688 (2).JPG(三年前の画像)

きっと剪定されたに違いないという結果に・・・(;´∀`)
3年前は満開じゃなかったけど晴れてたのね;;

ぐるりと回り、スタート地点に戻ったらようやく晴れ間が!
CIMG0967.JPG
花嫁さんも結婚式を終えたのか、撮影準備に入ってた。
晴れ間がでたのは花嫁効果かっ!?
CIMG0973 (2).JPG
CIMG0980.JPG花嫁さんの髪型は今どきでした。
てか、こんなとこで
お直しするんや。(公衆の面前)
着物の手直しとかもしてたよ( ゚Д゚)

すごく綺麗な場所だったからきっと良い写真に
なっていることでしょう。







ようやく撮れた青空と(鳥居と)梅♪
CIMG0982 (2).JPG
北野天満宮は本当に梅がたくさん!
CIMG0976 (2).JPG
本殿と御神木の紅梅
CIMG0996 (2).JPG

その後、「のかぜ」でハワイ好きの先輩「詩子さん」と
偶然会うという奇跡
CIMG10022.jpg
これも花嫁効果か?(≧▽≦)
posted by のり〜ん at 07:00| ホノルル ☀| Comment(2) | 京都・奈良・滋賀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

ワンダー


これ、みんな知ってるのかな?
図書館の平成28年課題図書になってた!

映画にもなっているとか!
あ!現状はアメリカでドラマ映画になってるだけで
日本公開は今年の6月だって→★

作者がこの物語を書いたきっかけがココにのっているんだけど
たしかに、どの振る舞いが正解だったのか、とっさに思いつかず
自己嫌悪に陥ることってあるよね〜。

内容はあえて書かないでおくけれど
「わかるわかる!」ってなって、最後は予定調和。
でも最後はこうであってほしい。人間はこうであってほしい!と
願わずにはおれません。

是非!読んで?

ラベル:ワンダー
posted by のり〜ん at 07:00| ホノルル ☀| Comment(0) | 本を読んでみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

「静寂の尼僧寺院と正暦寺」ツアーに行ってみた2


さて、いよいよ「静寂の尼僧寺院」です。

寺院の名前は圓照寺。
近所の長老などは「山村御殿」と呼ぶそう
三島由紀夫さんの小説「春の雪」にでてくるお寺のモデルと
言われており、映画では撮影にも使われたそうです。
妻夫木君と竹内結子さんの映画よ。

普段は拝観不可のお寺だけに約束事があり、バスガイドさんから
なんども守ってくれるよう説明がされるのよ〜。
約束を破って寺院内を荒らしたりしたら今後一切不可になる恐れも・・・

私は事前検索で見つけたどちらさんかの日記で「菱型の石の上を歩かなくてはいけない」って
情報を得ていたんだけど、それさえも守れる自信がなかったわ(;´∀`)
粗相したらあかんと思うとヘマをするタイプ

なんて言ってる間に到着です。

圓照寺前のバス停で観光バスを降り・・・

敷地内に入った途端、空気が変わります
CIMG0890.JPG

昔のお偉いさんが挨拶に来たときに馬の手綱を結んだところ
CIMG0886.JPG
あ、書き忘れたけど圓照寺は門跡寺院なので
お正月とかに位の高い人が挨拶に来たりしたのです。

CIMG0881.JPG
このへんになると、空気がまったく違います
霊感なくても分かるレベルよん

そして門まで来たら我々は一時停止して、
バスガイドさんがひとり来訪を伝えに走る!!
CIMG0877 (2).JPG
入場が許されてからの〜

「一列で菱型の石の上歩き」です!
CIMG0873.JPG
すべて帰りに撮影したので画像が逆なの、お許しを〜(;´∀`)

そうしてついた場所がコチラ
CIMG0847 (2).JPG
入った瞬間、伽羅のようなよい香りが漂ってきて心休まる空間

この建物の中で住職のお話をうかがい、そこに鎮座されている
如意輪観音様を拝見。

如意輪観音様というと膝をたててそこに肘をつき、
すこし身体をひねった感じが甘美な雰囲気をかもしている仏像さま
といった印象なのですが、こちらの如意輪観音様は「やわらかい」印象。

門跡寺院だから少女の幼さで出家することが多いわけですよ。
そんな幼子をやさしく見守るような・・・。
何時間でも見ていられる慈愛に満ちた観音様のような感じがしました。
CIMG0858.JPG
ああまた会いたい。でも会えない。

そのあとは後水尾天皇の第一皇女であった文智女王が過ごした場所に案内され、
女王直筆の力強い「書」とかお人形などを拝観。
もちろんすべて撮影不可なので、ここは私の表現力にかかってるわけだけれども
四季折々の植物が植えられた綺麗に整えられたお庭も、かわいい犬の絵画やお人形も、
一生この場所で生きる人のためなんだなぁと思うと感じ入るものがありました。
あかんかった!残念な表現力( ;∀;)

残りの時間でお庭の散策がゆるされました。
CIMG0845 (2).JPG
もちろん歩くのは石の上よ

CIMG0852.JPG
向かいから本堂を臨む

裏山的な場所
CIMG0864.JPG
これは何?
CIMG0861.JPG
本堂に戻って、もう一度如意輪観音様を見られるか?と
靴を脱ぎかけたその時!

「は〜い、では戻りますよ〜♪」のバスガイドさんの声(涙)
タイミングよすぎやん

行きと同じく一列で注意深く行進(みんな下見てます)
CIMG0872.JPG
よそ見して菱型から外れたらいけないので
手当たり次第にシャッター押してみた
CIMG0875.JPG
そしたら撮れてた門跡寺院の証である5本線の塀

バスが見えてきた。
門からここまで結構あるのよ
CIMG0888.JPG
バスまで戻った、空気も戻った
CIMG0893.JPG
Y子のピースが軽い(≧▽≦)

ツアー名、日本語以外の表示もあるでしょう?
でもこのツアーは、日本人以外ムリな気がする
日本語が分かっても、なぜそうしないといけないのかが
わからないんじゃないかな?
真面目に言うこと聞くとは思えない、気楽に写真とか撮ってそうよ〜(;´∀`)

帰りのバス。車窓から撮った微笑ましい光景♪

鹿に近づく少年(たぶん中国人)
CIMG0897.JPG
こんにちは〜♪
CIMG0898.JPG
奈良の鹿はお辞儀するハズなのに、
せんべいを持ってないのがばれてたのか
なぜかちっともしてなくて笑えた!

最後に頂いた御朱印
CIMG0894.JPG
しなやかな美しさが、字に現われてる〜〜
これは如意輪観音様が好きで、今回は都合がつかず欠席した
親友は〜り〜(御朱印女子)へのお土産。
御朱印帳に記入ではなく、紙での配布のみだったので迷わず購入^m^



圓照寺に行くことになったのは

先日の「子供かな?」の日記みたいに、夢でみたのよ。
聞いたのよ、かな?

「えんしょうじ、えんしょうじ、えんしょうじ〜」ってね。
あんまり連呼するから覚えとかなあかん方のやつかな?と思って
とっさにメモして再び寝ました(朝の4時にな( ̄▽ ̄))
どこかで目にしたのか?耳にしたのか?まったく記憶がないけど
検索してみたら実際にあるお寺で、でも拝観不可で、
でもあと数か月したら行けるツアーがあることがわかって・・・

で、行くことにしました(≧▽≦)

行ってから何かが変わったとか開眼したとかでは全くないけど( ̄▽ ̄)
そういうの、わからないから〜
行けて良かったと思ったのは間違いないっす♪



おまけ

数年前に義母が作ってくれたワンピース。
デブはよりデブに見えるデザインのため、長い間着ることができなった(;´∀`)
昨年の結婚式参列するため、がんばって減量した今なら着られるのでは?
とチャレンジ!
Y子が4割減に見える角度で撮影してくれたおかげでシュツと映ったのではないかしら?どかしら?
(誰これ?(≧▽≦))
ちゃんと着てますよメール、やっと義母に送れたわ〜
CIMG0781 (2).JPG
おなじくなかなか被れなかった義妹贈呈の帽子と
こないだもらったかばんも一緒にね♪


posted by のり〜ん at 07:00| ホノルル ☁| Comment(0) | 京都・奈良・滋賀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする